ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミートホープ偽装事件3
【2007/07/06 01:36】 日本共産党
保健所の立ち入り検査があったのにもかかわらず、保健所が事前に日程をミートホープ側に教えていたとはアホというか馬鹿というか国民をおちょくっているといるというか……。
仕事をしているのか仕事ゴッコして遊んでいるのか、保健所の責任者と情報を漏らした関係者にはちゃんと責任を取らさないと、同じような事が日本の至る所で起こるでしょうな。

話は変わりますが……
もし、ミートホープのようにふざけた事をやっている企業が、食肉の在り方やモラルを広く世間に訴えたら、世間はミートホープをどう見るでしょうか。チラホラ内情を垣間見る事とが出来るのですが、迂闊(うかつ)に批判して反ミートホープ勢力の策動だのミートホープ破壊活動だのと居直られたら実に奇異に見えますね。内部の告発者の証言を元に詰め寄っても音沙汰なし。散々問題点に対する意見を伝えても、印象操作で片づけようとする。挙げ句の果てに反ミートホープ勢力とは対応しないと居直られたそには此奴らおかしいのかと

やっている事と言っている事に大きな矛盾をはらんでいたら聞いている側の多数、国民の多くは賛同しませんね。しかも矛盾突いても黙りを決め込んで居直るだけ。胡散臭い奴らとしか見られんてしょうが。

キンピースレッドをヲチするにつけ、この連中は自らの殻に閉じこもって殻の中でしか通用しない理屈の世界で生きる事しかできなくなっているのか、はたまた生国民を小馬鹿にしているのか、実に珍奇な新生物を観察しているようで、いささかグロ気味ではありますが、私の好奇心を充分に満たしてくれる連中です。これでエゴイズム丸出しで国政選挙の全小選挙区に候補者を擁立するような事さえしてくれなかったら、絶滅危惧種として適度にヲチするだけですます事もできるのですが、現在の国民の置かれている立場には由々しきものがあり、このまま無視するわけにはいかんように思います。

共産党がもっとマシな体質で、国民に嫌悪感を抱かせるような事がなかったらもっと支持者が増え、民主党に取って代わるような勢力になったも知れませんが、そんな事は夢でしかないでしょう。

多くの方々が共産党の問題点を指摘し、意見を言っているにもかかわらず、対応は旧態依然としたもの。
火の気のないところに煙は立たないといいますが、共産党は自業自得という燻り続ける炎に油を注がれているのにかかわらず、全然反省する気無し。痛覚神経がトップに伝わってないのか、彼らの描く妄想世界のお花畑で恍惚状態に陥って感覚がマヒしているのか、ヲチするにつけ呆れ返ってものも言えなくなります。

現状を打破するには、もっとマスコミに注目されて長期間取り上げられるような策はないものかと思うのです。。共産党全体を身から出た錆びという炎で炎上させる事により、いち早くジリ貧化に追い込んで自滅を早めるか、結果として自己改革を選択するかは共産党の自由です。

民意で政権が変わらないと国民の置かれている状況は今のままだし、政治に対する関心も湧かない。こんな状況では政治意識も育たないし何よりも国民が不幸です。

共産党は逆立ちしても単独与党になれない事を悟るべきでしょう。
共産党は80年以上も野党としてのみ存在してきた団体です。
後80年、野党であっても慣れているでしょう。
その間、何故身国民の支持が得られないのか真摯な態度で自己批判すべきだと思います。

少数意見は多数意見が駄目だった時に民衆から採用されるかも知れない選択肢の一つです。

共産党は自覚すべきでしょう。

多数の支持が得られない原因は自らにあるという事を。


次回、気が向いたら民主集中制について素人なりの意見を書き込みたいと思います。







よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/868-0e5b9c65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。