FC2ブログ
ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


宗教論争
【2019/03/13 23:44】 よもやま話
キリスト教の三大分流の一つ「東方正教会」の大国ロシアで、キリスト教史上の聖人や出来事が
描かれた「イコン」(聖像画)を日本のアニメ風にアレンジすることの是非をめぐり、議論が起きて
いるのだとか。

私個人としては時代の趨勢というか、致し方がないと思うのですが。

アニメチックイコン

そもそもキリスト教というのは教義に「偶像崇拝の禁止」があるにもかかわらずこんなデフォルメされた
キリスト像を信仰するようになっているのですから。

誰がキリストをこんな姿にしたのでしょうか。
キリストが生きた時代のユダヤ人の復元画像
ユダヤ人復元画像

何を況(いわ)んやですわね。

そりゃ現在人として、こんな男をデフォルメして、美化して後世に残すようなことをしてはあきませんが。
麻原
麻原アニメ

そういえば中国でこんな人物をアニメ化し、布教する試みが国家主導で行われているそうですw

5ちゃんねるより引用   ソース

マンスとプロパガンダの融合、中国共産党によるマルクスのアニメ化
2019年3月7日 19:30 
発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

【3月7日 AFP】中国共産党が、ドイツ人の社会主義思想家・経済学者のカール・マルクス(Karl Marx)を主人公に
抜擢したアニメシリーズで若い世代の支持を獲得するという新たな作戦に出ている。この作品に登場するマルク
スは従来のイメージとは異なり、ひげを生やしていない。体形もスリムで、おまけに、どうしようもないロマンチストだ。

 アニメ「領風者(The Leader)」は、子どもたちが分厚い教科書や授業の中で初めて出会うマルクスのイメージを変
え、より受け入れられやすくするために制作された。

「カール・マルクスに関する書籍はたくさんあるが、若者向けのものはあまりない」「そのギャップを埋めたかった」と、
脚本を担当した卓絲娜(Zhuo Sina)氏はAFPに語った。「もっと多くの人々にマルクスとその生涯に興味を持っても
らい、より肯定的に理解してほしい」

 制作したのはアニメーションスタジオ「娃娃魚動画(Wawayu)」だが、中国共産党の宣伝部門と国営のマルクス主
義理論研究所が制作を後援。中国共産党がとりわけ学校や大学構内で思想の締め付けを強化する中で、配信が始
まった。

 中国は1978年に「改革・開放政策」へとかじを切り、経済発展によって社会は大きく変革を遂げた。その波に乗った
エリート層が伊高級車フェラーリ(Ferrari)を乗り回す一方で、中国政府がマルクスに忠誠を誓う姿は奇異に見えるか
もしれない。

 だが、中国共産党は共産主義の父マルクスに今も忠実だ。明らかな矛盾を否定し、「中国式社会主義(Socialism with
Chinese Characteristics)」という型に進化させた。子どもたちは中学校でマルクスと旧ソビエト連邦「建国の父」ウラジー
ミル・レーニン(Vladimir Lenin)の思想を学び、公務員はもちろん国営メディアの記者たちさえも、昇進のためにはマル
クス主義の講座を受講しなければならない。
(リンク先に続きあり)


新しいカール・マルクスのアニメ「領風者」の宣伝ポスター/Communist Youth League
マルクス・エンゲルスアニメ

あ、失礼失礼。
資本論は宗教の経典でありませんでした。

でもカルトの経典には違いないんだよな~。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/2174-ab12ae22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB