ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


「私の顔をみてほしい。暴力革命の党に見える?」こういうのは嘘付詐欺師の常套句ですよw
【2016/04/23 01:32】 日本共産党
「私の顔をみてほしい。暴力革命の党に見える?」共産・小池晃書記局長が主張
http://www.sankei.com/politics/news/160421/plt1604210030-n1.html … @Sankei_newsより

なんか凄いですね。
でわでわこの人の顔を見てどんな印象を受けるでしょうか。
人懐っこそうで優しそうで、しかも頼りになりそうな顔をしています。
本名、サロット・サルさん。偽名はあまりに有名です。

ポル・ポト

共産党も色々血生臭い事件が漏れ聞こえてきますね。キンピー問題、穀田アユビク下半身醜態問題を
告発た早坂氏除名問題。スケールの小さい話ですが本質を看破するなら捨て置けぬ問題です。サロッ
ト・サルさんも正義感に燃えて、何もかも投げ捨てて人民の為に尽くした結果が…… 
多くの国民にとって、共産党さんの根底には不信があるのですよ。信頼は限りなくゼロです。共産党さん
は口先だけでなんとか誤魔化そうとしかしませんが、国民を馬鹿にしすぎです。

サロット・サルとは何者だって?。
検索してみてください。あまりに有名な偽名、ポル・ポトで……
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人さま
結局、ポル・ポトは人口の半分近く、殺しましたね、眼鏡かけていればインテリ、だから殺せ!
アカヒ新聞は「アジアの微笑み」とか。
脱線申し訳ありません、
かつて12歳をまる一年すごした、喘息専門病院兼養護学校、凄まじいスバルタ、お金は持てない、ラジカセは中学以上、一台のみ、持ち込める本は確か文庫で10まで、ナースコールは盗聴器、購買部はあれど、なんだか用紙に必要なもの書いて寮母さんが買ってきて、代金は親に、スタッフは揃っていて親切でしたが、方針がおかしいと、無理です、「親子遮断と鍛練療法」今なら問題ですが
喘息は甘えで起こる、なら親子の仲を断ち、鍛えれば治る、凄まじいスバルタ、朝6時に起こされ検温の後、腹筋背筋腕立て伏せ乾布摩擦、ラジオ体操の後1500メートルの持久走、冬でも短パン半袖の体操着、養護学校も抜け穴なで、養護訓練が体育、よくまあ一年間いたと思います。
ただ、ある日雰囲気が変わったので知り合いの看護婦に聞いたら、追跡調査の結果、間違いとわかった、しかも、貴方達の経験が医療の進歩に役立つのだからいい経験だったでしょう、まあ医療は行きつ戻りつですから、外出禁止でしたから脱走騒ぎがよくありました。
信じてもらえないでしょうが、養護学校の図書室の本全部読みました、トリックとして、図書係引き受けて友人の名前で本借りました。
お金禁止なので、食事のおかずが、お金かわり、
腹減ると、歯磨きチューブなめてました。
【2016/04/23 05:10】 URL | 正解ウォッチヤー三十年 #luHOg6ls [ 編集]


ちょこちょことですが、調べると病弱児対象の養護学校というのが
ちらほら見受けられますね。
この時代、ハンセン氏病養生所の実態が人権無視のとんでも
隔離施設であった事実に唖然とし、まさか国ぐるみのこんな施設が
他にはないだろうと思っていたのですが、ちょっと驚きです。
【2016/04/24 03:57】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]

管理人様
国ではなく、横浜市の施設でした、しかも革新市政、飛鳥田氏の時、要らなくなった、結核療養所の跡地です。
回りに、身体障害と知的障害の施設もありましたが、まあ管轄が色々で、交流がありませんでした。
まあ、迷惑施設扱いですね、なぜか喘息は必ず、公害対策費です。
もう無くなりましたから、いいんですが。
ただ、もう連絡つきませんが、当時の仲間達に、方針の変化を伝えたら、俺達はモルモットだったと、笑い話になりましたが、やはり過去を断ち切る為、ふとした会話で、深刻な話を、聞きました。
当時の写真はすべて焼いた、文集なんて捨てた、強制的に書かされていた日記を焼いた、みんな何か、過去を消したのでしょう、私は変人ですから、この施設いつか無くなるそれまで付き合う、病床数が減りましたから。
でも、時間はかかりました、小児科は初診は16歳と決まっていますが、継続治療はいつまでもいいんです、カルテ番号は636番、いつの間にか一万桁、そして最後の日最後の患者、看取りました。それで、終わりました。
20年以上付き合いましたが(笑)
私は、モルモット、勘違いしないでください。
誇りです。
【2016/04/25 14:18】 URL | 政界ウォッチャー三十年 #luHOg6ls [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/2037-5edeacc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB