ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


共産党は忘恥ものですかwww
【2015/05/13 00:10】 日本共産党
さんたろう氏 @ubugoroのTwitterより

先日、西新井駅西口で、信じられない光
景。緊急車両スペースに、救急車がきた
が、共産党の街頭車が停まり前に進めず。
婦人が「ここは緊急車両の場所です」と声
をあげたのに、共産党員は「いつも、ここ
に停めているんだ!」と逆切れ。ひどい!
拡散希望

さんたろう1

@ubugoro 別のアングル。

さんたろう2

緊急車両停車場所に車を止めてはならないというのは常識だと思うので、この馬鹿タレ、どんな言い訳
するのかと楽しみにしていたのですが、日本共産党足立地区委員会名義でこんな恥さらしな言い訳を
公開しました。


ぬかが和子の想い web魚拓

2015年5月11日
  日本共産党足立地区委員会

5月7日に西新井駅西口での日本共産党の宣伝中の出来事について、事実と異なる内容がネット上で流されていることから、事実経過を説明します。

 7日の朝7時から西新井駅西口での日本共産党の宣伝行動中、午前7時40分ごろ、緊急車両が西口に到着し、車両スペースに停車しました。西新井駅西口の緊急車両スペースには2台分の駐車スペースが確保されています。党の宣伝カーは、すぐに移動できる態勢でしたが、緊急車両は党宣伝カーの後方に停車した後、業務を支障なく行い、搬送しました。「共産党の街頭車が停まり前に進めず」というのは、事実と異なります。

ネット上に流されている写真を撮影したのは、当日に同じ場所・時間で宣伝をしていた他党派の女性運動員でした。緊急車両が党宣伝カーの後方で業務を行っている時に、突然、スマートフォンでその様子を写真で撮りだしました。わが党の運動員が「なぜ写真を撮るのですか」と訊ねると、「ここは緊急車両の場所よ」と大声で騒ぎ始めたので、近くの交番から警察官が様子を見に来るほどでした。わが党の運動員は冷静にことの経過を説明したものであり、「『いつも、ここに停めているんだ!』などと逆切れ」などの言動は事実と異なります。警察官から宣伝カーを移動するよう指示を受け、運転手が移動させようとしたところ、後方には緊急車両が作業中で、右側面にはタクシーが待機していたためすぐには移動できず、緊急車両が移動した後、宣伝カーを移動させました。わが党は警察官の指示に従っての対応をしました。

以上が西新井駅西口の宣伝行動での事実経過です。



私が若いころ、活動している組織内で共産党に都合の悪い何かがあると、議論すること事態が反党勢力に
利用されるなどと言われ、なにやら『口にだすこと=悪いこと』をしているような風潮に追い込まれ、結果
沈黙を強要されたもので、権力に弱みを握られないように行動に注意せよ、などとまことしやかに言われ
たものですがwww

あえて言うならば、革命戦士としては失格ですな。

カルトの一員が一生懸命活動すると忘八者同然になるみたいで、特に共産党の場合は恥を人一倍忘れて
しまうようですw

2014年の衆議院選挙時、大阪森宮駅前で、共産党は、清水ただし候補陣営の演説中、倒れた女性への
対応で大失態を犯し 、のように謝罪したのですが、いつのまにか問い合わせに

京橋駅での演説の妨害を試みた何者かが急病を装って起こしたやらせ事件である

なんて世迷い言をほざき始めたとか。  悪魔の辞典、馬の骨氏のコメントより。


危機管理がしっかりしていて咄嗟のアクシデントにも適切な処理ができたならば、男を上げ、拍手喝采を
浴びたであろうに

なにをほざき始めるやら。。。

このフレーズが党内向けなら理解も出来ます

京橋駅での演説の妨害を試みた何者かが急病を装って起こしたやらせ事件である

よく飼い慣らされた党員(カルト亡者)など頭のなかはパブロフの犬状態。
反党勢力の策動
と同義の言葉を浴びせられたら、とたんにだまりますからね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/2004-8bead907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB