ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


2013参院選 共産党は……
【2013/07/22 22:34】 政治
 今回の選挙、共産党はだいぶ浮動票を拾ったみたいですね。いいところ、20007年の440万票が限度と思っていたのですが、都議選結果が追い風になったようです。
 たまにはこういうこともあるでしょうw

共産党の参院選得票数推移 (得票数の小数点以下は四捨五入)

年  度  投票率(比例区)   投票率(選挙区) 比例区得票数    得票率  選挙区得票数 得票率 
1992年     50.7 %        50.7 %    3,532,956     7.86%    4,817,001 10.61%
1995年       44.50 %        44.52 %   3,873,955    9.53%   4,314,830  10.38%
1998年     58.8 %       58.8 %    8,195,078   14.60%   8,758,759  15.66%
2001年     56.4 %       56.4 %    4,329,210     7.91%   5,362,958   9.87%
2004年     56.57 %       56.54%    4,362,574    7.80%    5,520,141   9.84%
2007年     58.64 %       58.63%    4,407,933     7.48%   5,164,572  8.70%
2010年      57.92%        57.92%    3,563,557    6.10%   4,256,400  7.29%
2013年      52.61%         52.61%    5,154,055    9.68%                
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
都議選以降の
共産党のプロパガンダが絶妙になった、としか考察しようがないのでしょうか?
昨年の衆院選の比例票より随分増やしている訳ですから。

それにして、かの党って国政選挙で性懲りもなくガタルカナル・インパールの戦いを繰り返してきた訳なのですが、今回ばかりはやってみたら「日本海海戦」になっちゃって、支持者どもも大はしゃぎw


こういう時のために「勝って兜の緒を締めよ」という諺があるのですけどね。
【2013/07/23 21:49】 URL | ひろあき☆彡 #/E.V.hUc [ 編集]


ひろあき☆彡様

 共産党の勢力拡大は都議選の余波と定数の増減の結果だと見ています。
wikiより
 2012年に選挙区定数の4増4減が行われた。大阪府、神奈川県がそれぞれ定数6から8(改選数は4)に増員され、福島県、岐阜県はそれぞれ定数4から2(改選数は1)に減員された。

 都議選は共産党が躍進したのではなく、有力候補の乱立で、組織票を持つ政党に有利に働いただけだと思っています
http://ossanman.blog68.fc2.com/blog-entry-1956.html

 今回は61万6721票(得票率13.61%)
 前回は70万7602票(得票率12.56%)

 3年後6年後、どうなるかですね。共産を除く野党の再編が起こったならば、今年みたいな濡れ手で粟現象はおこらないでしょう。

 共産党の未来には、大きな波の振れが何度かあるでしょうが、衰退傾向には歯止めがかからないでしょう。党員の大幅な減少、財政の枯渇、etc

 いびつなほど高齢側に傾いた党員年齢別グラフ。党員内の年寄りが鬼籍に入って後、党内の党員年齢バランスが均衡した時、どれほどの党員実数が残るか、とてもじゃないが公称であっても、10万の大台を維持するのは難しいでしょうね。地区委員会などの党組織は維持不能になるし、赤旗販売メインの財源はシステム事態が作動不能に追い込まれるでしょう。末端の細胞組織は、今ですら見る影もないざまなのに。民青をベースにした学生団体は死に体(全寮連は解散)で党員高齢化が進むにつれ、他の団体にも、問答無用で波及していくでしょう。

ネットの使い方は自民のほうがうまいのでは。
民主政権当初から、民主への巧みなネガティブキャンペーンが組織だった行われていたような気がしてなりません。かってチーム世耕が揶揄されていましたが、アレの進化型です。
【2013/07/25 23:13】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1959-97ebd0c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB