ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京都議選、共産党17議席獲得の大躍進。
【2013/06/27 02:18】 未分類
なんでここまで伸びたのか……
と思ったけど、都議選の得票数は
 今回は61万6721票(得票率13.61%)
 前回は70万7602票(得票率12.56%)

共産党や公明党のような強固な基礎票を持つ政党というのは得票率に関係なく票を取るもので、
投票率がれば下がるほど有利になるし、候補者が乱立すればするほどこれまた有利になる。

今回は維新の橋下代表の失態が災いして、本来維新に集まる票が分散、結果共産が漁夫の利を
得たという形ですか。。。

共産党が危機意識として持つべきは前回の13%もの票が何処かへ消えてしまったという事実。
まあ、今の共産党では、もっと得票数は減るでしょう。
お得意様の年齢層が次から次へと鬼籍に身を置くことになるでしょうから。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんばんは

しかも、猫も杓子も浮かれていたバブル期から見ても票を減らしている
いますね。(1989年は712,874票)

その間、雇用も悪くなったし、零細企業の倒産、廃業続出で社会保障
の不安も増大しているにも拘わらず。
しかも「目の上のタンコブ」ハシシタ君が見事なシュートで(?)
オウンゴールまで決めてるのに・・・
今日も地元の駅前で数名のグループがチラシ配布してました。
マイクを持った女性以外の皆さん高齢者ばかりです。
「指導と言う名の欲望」を学習せねばならぬのは党員さんたちですね。
あのマルクスすら引き摺られていた「一神教」の独善性に訣別せな
あきませんね。
【2013/06/27 18:12】 URL | 猫宮トラオ #owzC3PLE [ 編集]


猫宮トラオ 様

耳の痛いことを書かずに浮かれさせて自壊を早めた方が世のため人のためみたいですねw

あえて言うなら、2005年と今年と比べたらどれだけ衰退しているか一目瞭然でしょう
http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20130624-00025930/

2005年は投票率43.99%で2013年は投票率43.50%。
で、共産党の得票数は6802票と616721票。
明らかに浮動票が飛び、基礎票のコアな部分もどっかへ行ってます。

猫宮トラオ様のおっしゃられる通り、 雇用も悪くなったし、零細企業の倒産、廃業続出で社会保障 の不安も増大しているにも拘わらずという事態にもかかわらず、左は民衆にそっぽ向かれているし、そっぽ向かれて当たり前の体たらく。こんなもの、国民にとっては悲劇ですわな。

党員の供給も枯渇状態で平均年齢も上がる一方だし、そもそも共産党の党と党員の接着力はカルトのモロそれだし、下手に脱カルト化図ろうものなら、無残にポシャる可能性大だし、前途多難ですねw
【2013/06/27 23:08】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1956-a6f8efa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。