ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フランスの全国紙が経営難で紙面廃止…ネット移行、社員の半数以上解雇
【2011/10/17 20:34】 よもやま話
よかったらポチッとお願いします。


【新聞】フランスの全国紙、初の紙面廃止…経営難でネットへ移行、社員の半数以上も解雇

フランスの夕刊全国紙フランス・ソワールは14日の経営委員会で、経営難を
理由に今年12月から紙面発行を取りやめ、ネットでのニュース配信に完全移行
することを決めた。フランス公共ラジオが伝えた。フランスの全国紙で紙面を
廃止してネット配信への移行を決めたのは、同紙が初めて。

 同紙は1944年創設の大衆紙。50~60年代にはフランスの新聞で唯一
100万部を超える発行部数を誇ったが、ネットの普及や無料紙の相次ぐ発行などで
2010年には2万2千部まで落ち込んでいた。その後、部数は漸増したが、
広告収入の減少もあり、紙面廃止に追い込まれた。

 経営委員会は、現在約140人の社員のうち90人近くを解雇することも決定。
今後は30人余りの記者がネットでのニュース配信を維持する。

 パリの目抜き通りシャンゼリゼにある本社前では同日、経営委員会の決定に
反対して労組員や支援者ら約300人がデモを行った。


ソース:http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/10/15/kiji/K20111015001824390.html

後、何段階かの革命的技術の進歩が必要だと思いますが、そう遠くない未来、意思の疎通や情報伝達の
ための媒体としての、紙の必要性は、限りなくゼロになるでしょう。

新聞社や出版社は商売の形を変えていかないと生き残れないでしょうし、新聞代理店や本屋などは再統合
され、はたしてどうなることやら。

機関紙を最大の収入源にしている共産党さんはどうするのでしょうかね。

まあ、どうでもいい話ですが。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
へー
あの労働規制の厳しいフランスでもリストラって可能なんですね。

今の時代、もしかしたら紙媒体云々ではなく形を変えた献金である機関紙自体に規制かけられてしまうかも。
【2011/10/17 21:51】 URL | 仮)山田二郎 #JalddpaA [ 編集]


仮)山田二郎様

はたしてそんな規制がかかるかどうか、そこまで行くと政治活動に対する弾圧になると思いますので、あかんですね。
木を原料にした紙という貴重な資源を、無駄に浪費することに批判が集中する時代が来るかも知れませんが。
【2011/10/17 21:59】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


電子本は、まだ難しいと言うのが現実ですね。だって売れないんだもんw

紙と印刷代がかからないから安くできると言いますけど、編集費用は一緒。値段を下げないで紙と同数売れたらそりゃ利益は出ますが、そもそもそこまで売れない。

今年iPadは160万台ほど日本で売れそうなんですが、これじゃマーケットが小さすぎるんです。160万と一億のマーケット。一億でマーケットで100万売るのが万に一つ。ということは電子書籍で1.6万売るのはどれほど大変なことか。

なわけで、紙の時代が終るにはまだ早くても10年はかかると思います。
【2011/10/28 21:41】 URL | ぶさよでいっく #3/VKSDZ2 [ 編集]


電子本は端末がもっと斬新で使いやすくならないとあかんでしょうね。
それこそどこかの政党の党員さんみたいに目から鱗が落ちる様な革命的端末が出現しないと次に進まないでしょう。だって使いにくいんだもん。
大新聞は、昔聞いたおぼろげな話を思い出すと、確か収入は広告収入が大半で、販売店に下ろす金額もタダ同然であると、聞いた覚えがあります。販売店の収入源は新聞代金+チラシ料金+販促金、その他etcでしたか。
新聞が電子化した場合、収入をどうするかの問題だと思います。

http://www.jnews.com/business/digest/2005/054.html

新聞の電子化が進んだら販売店のアボン、チラシ文化の終焉、社会の底辺の受け皿の消滅。
どうなることやら。。。
【2011/10/29 18:23】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #olx1b6bk [ 編集]

新聞屋についての考察
1人暮らしを始めると、非常にウザいのが新聞拡販屋の勧誘なんですよね。

この勧誘を断る口実として「○旗とってるからぶっちゃけイラネ!」って具合に
ハッタリかますためだけには、代々木の存在価値はまだあるかもしれんすね。

さて、ぶさよさんがおっしゃるような紙の時代が終焉した時、茨城の雲乗り
同志が大好きなドラゴンズとかジャイアンツも身売りを余儀なくされるんで
しょうか?
【2011/10/30 09:01】 URL | ひろあき☆彡 #/E.V.hUc [ 編集]


ひろあき様
どういうわけか最近来ませんね。
新聞勧誘員。
何でだろう。

タツノオトシゴもウドの大木も、利益を生み出してくれる分には大丈夫でしょう。
赤字でも手放すようなことがあれば、それこそ企業として最後なのかも知れません。
特に読売さんは。

だいたい新聞が電子化しても、今まで並の部数を維持できたら、
amazonや楽天方式で利益が見込めますので、実質購読料ゼロでも
やっていけると思います。
販売店は生き残るの大変でしょうが。

心配なのはテレビ局。スポンサーがネットに流れたのか、通販商品の
オンパレード。宗教団体の宣伝もチラホラ。

どうなることやら。。。
【2011/10/30 18:52】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1787-c7d1e17b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。