ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★今や赤旗は臨終寸前虫の息★
【2011/05/11 01:47】 日本共産党
よかったらポチッとお願いします。



★いまや赤旗は、産経よりも売れている★の続きですw

悪魔の辞典さんによると昨年1月の党大会時の赤旗は145万部(本紙日曜版の合計)だったから
一年半も経たずに一割減らしている計算になる。その1/3が今年の四月だ。
と言うことですので、
2005年時点で日刊紙と日曜版を合わせ凡そ168万部
2006年時点で日刊紙と日曜版を合わせ凡そ164万部(24回党大会時 1.11~1.14)
2010年時点で日刊紙と日曜版を合わせ凡そ145万部(25回党大会時 1.13~1.16)
2011年時点で日刊紙と日曜版を合わせ凡そ132万3千部

雪崩を打つように減紙しているようで、どこまで行くか……

日刊紙は昔々、発行部数35万部ほど時点で、月1億円の赤字を出していたそうで、
それが現在では24万部、月2億円の赤字を垂れ流しているそうです。

機関誌は共産党の大切な収入源にもかかわらず、共産党の年間予算が100億円あまりの中の
24億というのは厳しいでしょうね。

共産党は組織政党ですので、一気に一桁とかはならないでしょうが、そう遠くない時期に
100万部は間違いなく割るでしょう。

すでに悪魔の辞典さんの常連、政治将校様いわく、

6. 政治将校 2011年05月10日 12:16
この前、久しぶりに「赤旗」日刊紙を手にとってみたら、軽くて薄くて、びっくり! 印刷関
係者にたずねたら、「正規の新聞用紙が変えなくて、等級が下の紙に変えたのでしょう」
とのこと。

しかし、読むに値する記事もなくなったなあ~! かつて何度か社会面や地方版の記事
書いたのだけどねえ。

中央委員会本部内に週刊で「節約ニュース」って印刷物が回覧されていて、「えんぴつを
ちびけるまで使った」「コピーのやれ紙をメモ用紙にした」などの暇人がやるつまらん節約
術紹介をやってましたけど、いまや「赤旗」日刊紙は「仕分け」「節約」のために切り捨て
必至の存在になりましたな。


と言うことですので、発行を維持するのに四苦八苦しているようです。

赤旗を読むかと問われたら、私はケチですので、たまに日曜版見本誌をちょろまかして目を
通す程度です。というより、貧乏で赤旗などと言う高級紙を定期購読する余裕がありませんw

以前、見本誌にこんな封筒が挟まれていました。
募金袋

昔々の昔の昔、もっと立派な封筒を使った募金袋を見た記憶があります。

経費削減で色々質を落としているのでしょう。
何処までどういう形で落とすか。

私は共産党にカンパしません。
選挙時に、保守候補に利するような行為にせっかくの金が使われるのは
反社会的売国行為だと思いますので。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1747-3d370c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。