ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


孔子平和賞
【2010/12/10 22:39】 政治
よかったらポチッとお願いします。



中国の民主活動家、劉暁波氏のノーベル平和賞受賞に対抗して、大学教授らを中心に「孔子平和賞」というものが設立され、9日に授賞式が行われた。「孔子平和賞」の主催者によると、「我々はは自らの考え方と平和思想に基づいて、今回の賞を設立した」だそうだ。「孔子平和賞」の栄えある最初の受賞者は、台湾の連戦元副総統。中国との関係改善を進めたのが理由としているが、受賞者の連戦氏とは、まだ連絡が取れていないという。連戦氏は露骨に受賞を拒否できない何らかの理由でもあるのだろうか、雲隠れでもしているのだろう。当たり前だ。人生に禍根を残すようなものを誰が好きこのんで貰うか。連戦氏も可哀想に氏とは縁もゆかりもない女の子を代理に仕立て上げられて強制受賞。連戦氏はたまらんでしょうな。
ノーベル賞は、どんな権力にも圧力にも屈しない、独自の選定基準に裏打ちされている賞であるからこそ、その権威を認められているのであって、「孔子平和賞」なる、一国の権力を代弁するための恣意的な賞とは、根底で混じり合わない。「孔子平和賞」を受賞するに値するのは、北朝鮮の金正日将軍様位だろうか。きっと孔子も草葉の陰で嘆き悲しんでいるだろう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ぼやき様

諸子百家いたわけですから、その分だけ平和賞がつくれますね(笑)
しかし、中国の独善的な振る舞いは怖いですね。
今は、経済的に成功してますけど、そのうち崩れる時がくると思うのですが、
そのときは、北朝鮮より、怖いかも。
【2010/12/11 20:37】 URL | 月光 #- [ 編集]


月光 様

たしかに可能性はありますね。
長い間、中国は4つ位に分裂すると言われて久しいですし。
内乱でも起こったあかつきには何が起こっても不思議ではない。
【2010/12/11 21:04】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1700-8b442599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB