ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


綾瀬コンクリ事件
【2010/10/27 22:01】 犯罪
もっこす氏の綾瀬コンクリ殺人の赤旗記事を転載したこの記事を読んで、何とも言えない嫌悪感を感じて
いたのだが、見た目完璧で反論できなかった。ネットをはじめた頃に詳細な内容のサイトを見たことが
あるのだが、すぐに削除される何かの要因があったのか、現在は残ってない。綾瀬コンクリ事件はあまりにも
異様な犯罪で、ネットで目にする度に怒りが沸いてくる。
もっこす氏のサイト、追跡女子高生監禁殺害事件

今回、古いPCのHDDを整理していたら、なんと当時の綾瀬コンクリ殺人事件をまとめたサイトが保存した形で
出てきた。当週刊新潮、文春のスキャン画像等、マスコミ関係の資料も一緒にである。
他に何点か、当時のサイトも一緒に保存していた。

ネットを始めて間もない頃で、どうして保存したのか記憶にない。
ただ、今まで出所不明の情報のソースが何点かはっきりした。
もっこす氏のサイトの赤旗記事が実に穴だらけの内容だったことも見えてきた。

稚拙であるが、私なりにこの事件をまとめなおしてみようと思う。
きちっとした形で後世に残すのが社会正義だと思うから。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
事件と共産党
引用------------------------------------------------------------------------------------------------
ちなみにCの両親は共産党員。当初、共産党の新聞「赤旗」に両親の談話と擁護記事(「監禁という認識がなかった」「少女は帰る気がなかった」等のCの母親の自己弁護的記事)が載ったが、やがて事件の詳細が知れるや、両親は離党(除名?)し、同新聞には「この事件は日本共産党とはいっさい関係ありません」という一文が掲載された。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

 共産党員のドラ息子が主犯格の一人だった事件ですね。
 あるサイトに上記の記述がありました。赤旗がその党員を擁護する記事を掲載していたかどうかは忘れましたが、党員の自宅が犯行現場になっていたことを認めたうえで、事件が共産党とは関係ないことを強調するコメントを載せていたことは記憶しています。まあ、事件を扱った記事の内容自体は当時の赤旗の縮刷版を見れば簡単に判ることですが。
  ただインターネット上には、この党員の両親が事件発覚後の共産党が準備した弁護士を付けたうえで警察の自宅への捜査を阻止しようとしたとか、この両親に金銭的援助までするお馬鹿な党員がいたとかいうコメントまでありますが、それらについてはどこまで本当かどうかは調べようがない。
 確かに事件自体は共産党とは関係ないでしょうが、党員の家庭が関わっていたということで、事件発覚後、共産党が党のイメージダウンを恐れてその詳細が世間に知れ渡らないように画策した可能性はあります。けれどインターネット上のコメントは信用ならんものも多いですから、この事件発覚後、共産党がどう動いていたかは私のレベルでは判ることはありません。
【2010/10/28 14:21】 URL | にゃじゃら #xfPwSHtM [ 編集]


にゃじゃら様

赤旗の記事はもっこす氏が引用サイトを作って公表しています。
本文のこの部分→もっこす氏のサイト、追跡女子高生監禁殺害事件をクリックすれば飛びます。

にゃじゃら様の引用された部分のソースは週刊新潮 週刊文春の1989.04.20号によく似た記載がありますから、おそらくはこの2誌のどちらかだと思います。が、週刊文春の方には、「すでに報じられているように、○○夫妻は共産党員」とあるので、以前に他の媒体があったのかも知れません。

引用された文には恣意的な誘導と思われる書き方をしている部分があるので、吟味する必要がありますが、とりあえずソースははっきりしています。

この部分、
ただインターネット上には、この党員の両親が事件発覚後の共産党が準備した弁護士を付けたうえで警察の自宅への捜査を阻止しようとしたとか

のソースは、週刊文春 1989.04.20号のようです。

週刊文春 1989.04.20号より引用

夫妻の事件後の対応も筋金入りで、
「家宅捜査も、弁護士立ち会いのもとに認めた。」(前出・社会部記者)というが、その時すでに問題の部屋は「きれいに片づいていて、監禁の後はなかった」(捜査関係者)という。


文春や新潮の記事は昔、スキャンした形で存在したものがネットにアップされており、記憶は定かではありませんが、当時保存したようで、私の手元にあります。
【2010/10/28 19:19】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1214217277

 ネット上に女子高生コンクリート詰め殺人事件と共産党の関係についてのコメントが上記のアドレスに載っています。その中ではyun387renU氏とlunas_terra氏の指摘が核心を突いていると感じます。
【2010/10/30 01:07】 URL | 日々是決戦 #nLnvUwLc [ 編集]


日々是決戦様

色々なソースを精査している最中なのですが、もっこす氏の引用している赤旗記事と
裁判所が判例として公開している判決文と比較するだけでも充分楽しめます。

判例検索システムにて
事件番号 平成2(う)1058 で検索すれば目にすることができます。

判例検索システム
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=03
【2010/10/30 21:49】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1677-c3098112
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB