ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


やまと新聞
【2010/07/02 05:23】 政治
日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中の管理人、busayo_dicさんが【やまと新聞】に対して切れていたので、私もこの新聞社を調べてみたのですが、この新聞社を調べれば調べるほど摩訶不思議というか、やまと新聞社の謳う社史が史実と合致せず、嘘くさいものになっていくのです。

注。wikiの仕様変更でリンク先ロスト。
訂正しようとしたのですが間に合わず。
殴り書き状態ですがデータだけを置いておきます。
これも古いんでおかしかったらご免なさい。

このエントリーのリンクがことごとくロストしていましたので、新しいリンク先に変更しました。
リンクがロストした理由は、全国新聞総合目録データベースが、国立国会図書館サーチ(NDLサーチ)
に統合されたため、URLが変わったことが原因です。

一応、下書き状態で公開

1962年09月01日、『東京スポーツ』    国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000055516-00
1960年04月    、『夕刊東京スポーツ』 国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000056138-00
1958年04月16日、『国民タイムズ』    国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000055861-00
1952年07月10日、『新夕刊』       国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000055301-00
1950年03月20日、『日本夕刊』      国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000058135-00
1946年01月11日、『新夕刊』が創刊。   国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000055300-00
1944年04月    新聞統制のため休刊  国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000056026-00
1907年12月10日、『やまと新聞』     国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000056026-00
1900年11月 1日、『日出国新聞』     国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000056030-00
1886年10月 7日、『やまと新聞』     国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000056025-00
1884年10月 4日、『警察新報』      国立国会図書館サーチhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000003-I000000879-00

http://rnavi.ndl.go.jp/simpledb_search/?keyword=%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A8%E6%96%B0%E8%81%9E&database=NPTITLETRANSITION
http://rnavi.ndl.go.jp/simpledb_search/?keyword=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84&database=NPTITLETRANSITION
http://rnavi.ndl.go.jp/simpledb_search/?keyword=%E6%96%B0%E5%A4%95%E5%88%8A&database=NPTITLETRANSITION
http://iss.ndl.go.jp/books?any=%E5%B8%9D%E9%83%BD%E6%97%A5%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E&display=&sort=df&op_id=1&ar=4e1f
http://rnavi.ndl.go.jp/simpledb_search/?keyword=%E5%B8%9D%E9%83%BD%E6%97%A5%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E&database=NPTITLETRANSITION




よかったらポチッとお願いします。

やまと新聞社なる存在をネットで検索したらwikiがヒットしました。

wikiの記述では、やまと新聞の始まりは

1884年10月4日、條野伝平(東京日日新聞創始者)が『警察新報』を創刊。
1886年10月7日、『やまと新聞』に改題。

にあるとしています。

やまと新聞wiki

この記述に対し、現【やまと新聞】は記事の削除を依頼しています。

やまと削除依頼

(コメント)やまと新聞社編集部と申します。このwikipedia記事は誤りです。
1884年10月4日、條野伝平(東京日日新聞創始者)が『警察新報』を創刊。となっていますが、全く違います。なぜこのようになっているのかわかりません。 国立国会図書館所蔵の弊社資料で明治十九年秋に福地源一郎が「やまと新聞」を創刊した(初期は〝日出国〝と書いて〝やまと〝と読ませた)と確認されています。「警察新報」は『やまと新聞』とは全く別の物です。「やまと新聞」はその後「帝都日日」「新夕刊」と改題し、「やまと新聞」に再改題しました。また、弊社と東京スポーツ、国民タイムス?などは全く関係ありませんし、明治19年から現在まで廃刊になったことはありません。Wikipediaの誤った情報により、多くの方からお問い合わせや疑問をいただき対応に苦慮しています。修正をお願い致します。弊社HP「やまと新聞の歴史」をご覧下さい。また、info@yamatopress.comまでご連絡いただければ正しい情報を提供させていただきます。—以上の署名の無いコメントは、Yamatopress(ノート・履歴)さんが 2010年6月22日 (火) 16:41 (UTC) に投稿したものです(禁樹なずな 2010年6月24日 (木) 19:27 (UTC)による付記)。


問題はどちらの言い分が正しいか、busayo_dicさんもwikiの運営側も引き合いに出していた、このタイプのサイトで調べることにしました。このサイト、全国新聞総合目録データベースの信頼性はいかほどのものかと調べたところ、全国新聞総合目録データベースというのは国立国会図書館のデータベースで、情報ソースとしては確固たるものと判断して良いでしょう。

wikiの記述を元にやまと新聞社の歴史を探っていくと、次のような流れで現代の東京スポーツに
繋がっていくことが分かりました。

注 wikiにて【日本夕刊】は【日本夕刊新聞】とありましたが、全国新聞総合目録データベースの検索結果を優先しました。

1884年10月 4日、『警察新報』         全国新聞総合目録データベースの検索結果

1886年10月 7日、『やまと新聞』        全国新聞総合目録データベースの検索結果

1900年11月 1日、『日出国新聞』        全国新聞総合目録データベースの検索結果

1907年12月10日、『やまと新聞』        全国新聞総合目録データベースの検索結果


1944年04月    新聞統制のため休刊   全国新聞総合目録データベースの検索結果


1946年01月11日、『新夕刊』が創刊。     全国新聞総合目録データベースの検索結果

1950年03月20日、『日本夕刊』         全国新聞総合目録データベースの検索結果

1952年07月10日、『新夕刊』           全国新聞総合目録データベースの検索結果

1958年04月16日、『国民タイムズ』       全国新聞総合目録データベースの検索結果

1960年04月    、『夕刊東京スポーツ』    全国新聞総合目録データベースの検索結果 

1962年09月01日、『東京スポーツ』       全国新聞総合目録データベースの検索結果 
 
 
現【やまと新聞】の言うところの、自らの系図に出てくる【帝都日々(日日)新聞】と、当時の【やまと新聞】、【新夕刊】関係ですが、まったく見えてきません。
現【やまと新聞】が先祖と主張する【帝都日々(日日)新聞】の全国新聞データベースの検索結果です。
【帝都日々(日日)新聞】を創刊したのは野依秀市氏で昭和7年8月のことです。
「野依秀市」と「やまと新聞」で検索すると、一件だけ【帝都日々(日日)新聞】と【やまと新聞】の関係を臭わせるサイトがヒットしましたが、学術的な裏付けが取れません。
【帝都日々(日日)新聞】と【やまと新聞】は共に1944年04月に終刊、休刊となっていますからその理由は新聞統制によるものなのでしょう。また、戦後は別の道を歩んでいます。

現【やまと新聞】は編集コラムで自社の歴史を述べていますが、サザエさんの掲載期など時系列的に問題があり、休刊もGHQの焚書による活動停止などではなく、新聞統制が原因で、戦後も【帝都日々(日日)新聞】は昭30年7月に復刊を果たし、終刊年は1969(昭和49年)となっています。編集部コラム内の保守報道の火を絶やすわけにはいかないから、少人数が国会内のみの活動で会社の延命をしてきた、という記述はどこから来たものか首を傾げざるを得ません。

このサイトでも手厳しく批判されていますが、

安倍内閣のとき、ようやく「やまと新聞」は「国会外でも活動してよし」との お墨付きをもらった

なんて、思わず苦虫を噛みしめてしまわざるを得ません。

【やまと新聞】の一番古いであろう記事を調べたところ、
やまと新聞のウェブサイトを2008年12月17日にリリースしました。
とありますので、サイト開設からかれこれ1年半以上経過したことになります。
現在においても、会社概要が「準備中」というのはどんな会社なのでしょうか。

『両院記者会』なる組織も検索してもヒットしません。
記者クラブであるならばヒットするのですが、組織名が合致しないと言うのは別組織としか判断しようありません。

ねずきちの ひとりごと なるブログにやまと新聞共々『両院記者会』についても記述がありましたが、

しかし戦前には、「両院記者会」というものが国会議事堂に中にあって、そこに新聞各社の記者が詰めていました。

と過去形で語られています。

色々調べてみて、この新聞社の存在基盤自体に首を傾げざるを得ません。
なんか肝心なところで無茶苦茶なのです。





よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

はじめまして、とてもよくまとめてあるので、こちらのページを、紹介させていただいています。
ご挨拶が遅れて申し訳ありません。

国を守るのに、左翼も右翼もない。
正しいことは正しい。
【2010/10/15 05:27】 URL | かぐやひめ #qcX4.Kko [ 編集]


かぐやひめ様

どうぞ御自由に。
【2010/10/15 20:27】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


ありがとうございます。
ていうか・・・あなたは左翼なんですか?ねじれ現象をおこしたかなあ?
【2010/10/15 21:55】 URL | かぐやひめ #- [ 編集]


さすが運動歴が、長く、かつ反体制で、困難な戦いをされてきた左翼のみなさんの考え方の筋道には、勝てないなあ・・・と、正直感じています。

福島みずほ。もと神戸市議のなんとか氏なんかをテレビで見ている分には、あきれるばかりですが・・・

現在の保守みたいに、まあまあ、なあなあ、みんな仲良くといっていることが「危険」だと気付かない、鈍感さ。
日本人の劣化、日本国の劣化には目を覆わずにはいられないものがあります。
【2010/10/16 05:40】 URL | かぐやひめ #qcX4.Kko [ 編集]


かぐやひめ様

左翼かと問われると自信がありませんw
強いて言うなら心情左翼とでも言いましょうか……

左翼も右翼と同じでピンキリです。

>さすが運動歴が、長く、かつ反体制で、困難な戦いをされてきた左翼のみなさんの
>考え方の筋道には、勝てないなあ・・・と、正直感じています。

こんな左翼、右翼と同じでほとんどいないでしょう。
【2010/10/16 20:34】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


あなたのおっしゃるのは、いちいちもっともですねえ・・・
たしかに、さすが左翼という人にお目にかかったことはなかったです。

左翼は「はんたい!なんでも反対!」といってりゃすむんだから、気楽だねえ!と、思ってきました。

でも、最近の右翼は「安定政権にあぐらをかいて」国益ではなく個人の利益を追求するだけのやからになり下がったように見えます。

右も左もエゴイストというのが現実でしょうか・・・もって他山の石。
【2010/10/16 22:42】 URL | かぐやひめ #qcX4.Kko [ 編集]


いやいや、左翼には凄い人もおられますよ。
悪魔の辞典さんあたりの論客を見ていったらチラホラと見つけることができますね。

>さすが運動歴が、長く、かつ反体制で、困難な戦いをされてきた左翼のみなさんの考え方の筋道には、
>勝てないなあ・・・と、正直感じています。

共産党さん辺りは党史でよく似たことを言ってますがw
カルトの手法としてこういう人心掌握方があると言うことを知っておられた方が良いでしょうね。
ttp://ossanman.blog68.fc2.com/blog-entry-1638.html
第34条  人々の信頼を勝ち得るために、犠牲者のふりをしなさい。
やまと新聞のGHQ云々の話で虫ずが走った所以ですわ。

>左翼は「はんたい!なんでも反対!」といってりゃすむんだから、気楽だねえ!と、思ってきました。

これねぇ……
別の見方をすると、共産党の場合は規約で縛られて党員は党と違った見解を述べることができないとか、決まったことはみんなが行動するとか、アホな制約があるのですよ。
ttp://www.jcp.or.jp/jcp/Kiyaku/index.html
ネットで党員が九条関係で議論してボロボロにされても、意見を替えることができない。結果、論的を排除して仲良しグループで○ナ○ー合戦に陥る。

裏を分析したらアホらしいというか情けないというか。
+カルト的な求心力による自己満足。
今の時代、この様じゃ共産党が息を吹き返す目などありませんわな。

それからウヨは三つに分類することができると思います。

政治で言うなら
政治家   政治屋   政治ゴロ
はなから国益ではなく、個人の利益を得るために右翼を名乗っている輩もいると言うことです。

左翼はカルト色が強すぎる。
とくに民主集中制を組織原則にしている団体は懐が小さい、異存の共有ができない。
意見が分かれたら袂を分かつだけではなく、玉を取られる心配をしなければならないなんて論外です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
大阪府警警備部などは22日、電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで、
大阪市淀川区東三国6、中核派活動家、奥田満容疑者(61)ら2人を逮捕した。

逮捕容疑は東大阪市役所で昨年2月、居住していない労働組合の関係施設に、
奥田容疑者の住民票を移すなどした疑い。

府警公安3課によると、2人は中核派から分裂した中核派関西反中央派の専従活動家。
同課は別の組織からの攻撃を恐れて住民票を移したのではないかとみて調べている。

*+*+ 産経ニュース 2010/08/22[17:49:32] +*+*
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100822/crm1008221735003-n1.htm
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>右も左もエゴイストというのが現実でしょうか・・・もって他山の石。
左の場合は自己犠牲の精神が優先して活動の世界に入っていくのがほとんどです。ただ、共産党の場合はカルト体質に汚染され、やることがおかしくなっていくのは悲劇ですが。

【2010/10/16 23:35】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


>カルトの手法としてこういう人心掌握方があると言うこと<の項、読ませていただきました。

なんと、ねず吉氏のやり方そのものじゃありませんか・・・!唖然。

なによりも、彼は、かぐやひめを攻撃するのに(ねずきち並びに日心会を攻撃する皆さんへ)被害者のふりをして、かぐやひめを陥れようとしました。

なんと、教科書どおりだったのですか?
【2010/10/17 22:11】 URL | かぐやひめ #qcX4.Kko [ 編集]


かぐやひめ様
下手ですがまさしくカルトの手法ですよ。

>やまと新聞は、戦後GHQの圧力に屈することなく、
>日本のジャーナリズムの正義を貫いた唯一の新聞です。

共産党も創価学会も戦争中、戦争に反対したから弾圧されたなんてことを言ってますね。

シーシェハードなんか露骨です。
http://ossanman.blog68.fc2.com/blog-entry-1638.html

第34条  人々の信頼を勝ち得るために、犠牲者のふりをしなさい。

亜流も色々考えられますよ。

池田先生の功績を日本人が認めないのは島国根性丸出しで了見が狭いからだ。

なんてね。
【2010/10/20 02:21】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]

最終局面かと思います
ねずきちへ氏への回答http://blogs.yahoo.co.jp/nkato1947/27659395.html
を書きました。

ネットを利用するさまざまな商売(もしかしたら、違法も含む?)を模索していた主人公は、政治ブログを見ていて、「保守は金になる!」と、考えたのでしょう。

そして、保守の喜びそうな「日本のよいお話」を書き連ね、「会」を立ち上げて会員をつのれば、会費収入になる。
さらに「人数を集めれば、票になることから金になる」などなど

正直に、真剣に正々堂々と取り組めば、いい会になったかもしれないのです。手っ取り早く金にはならなくても。

それなのに、あろうことか「英霊」をだしにして詐欺行為を働こうとしたわけですから・・・罰が当たって、あたりまえですね。

悲しいですよ。
彼が、そういう人物だと見抜けなかったこと。
お先棒をかついだこと・・・

でもね、英霊の魂をついだ人々が、次々立ちあがって・・・排除に動きだしたのです。
【2010/10/21 06:58】 URL | かぐやひめ #qcX4.Kko [ 編集]


かぐやひめ様
自浄力の問題でしょう。

左翼系にも酷いのおりますから。
たかしズムをなま暖かく監視するスレッド。
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1285038860/

これがサヨというのは最悪ですな。
このコメントを読んだ右翼の皆さん。
くれぐれもたかしズムに突入しないように。
上のにちゃんねるのスレッドはたかしズムを日干しにする役目を果たしているのですから。

>ところでぶさよでぃっくさん、あなた何かとんでもない勘違いをなさっておられませんか?私はあなたと「議論」したいなどとは
>これっぽっちも思ってはいないのですよ。私はあなたのような「ネトウヨ」を論理で説得できるなどとは全然思っておりません。
>「ネトウヨ」を「説得」するなどというのは「サルに言葉を教えるようなもの」でしょうか。要するに不可能ということです。
>別の比喩で申しますと「ライオンにヴェジタリアン(失礼、最新エントリーに合せました)になれ、と言うようなもの」でしょうか。
>要するに不可能ということですが(笑)。あなた方はDNAレベルで「反社会的な馬鹿」なのですから。そのようなわけで
>私のしていることは、あなたの「馬鹿さ加減」を当ブログでご紹介し、読者のみなさんに楽しんでいただくことが目的なのです。
>これは今まで私が何度も言ってきたことです。あなた少しは「たかしズム」の過去ログでもお読みになっては如何ですか?

今は影をひそめましたが、嶋大輝(生野ともうみ)の無責任さ加減。
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1255400045/

http://ossanman.blog68.fc2.com/blog-entry-78.html

でも一番醜いのは共産党だったりします。(泣
http://www12.atwiki.jp/kinpy/pages/1.html
【2010/10/21 19:56】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


おひさしぶりです。
やまと新聞を研究していたら、昭和史や自民党のあゆみなんかが見えてきて、おもしろくなってきました。

トラックバックでご紹介します。
【2010/11/29 09:15】 URL | かぐやひめ #qcX4.Kko [ 編集]


かぐやひめ様

来て頂きありがとうございます。

当方
綾瀬コンクリ殺人事件をどう始末するか頭を痛めております。
時期が来ましたらお伺いしますので宜しくお願いします。
【2010/12/01 00:47】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


ぼやきのおっちゃん あなたの方が何も分かってないよ。 やまと新聞は本当に昔からあるし、両院記者クラブも昔は国会の中にありまさた。ウィキペディアに出てくるはずないでしょう。徹底的にアメリカユダヤが洗脳してるんだから。
【2012/08/20 05:09】 URL | あゆ #- [ 編集]


あゆ 様

都合のいい所だけ合致を求られても。
【2012/08/20 22:58】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1637-304f69cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント欄より~やまと新聞~

今回は、「やまと新聞」関係コメントを 、整理したいと思う。   現やまと新聞の主張は” 明治9年創刊した「やまと新聞」を正しく継承している”ということだが、   「 ぼやきのおっちゃん。のネタブログ」に、 検証されているのを、見ると、この根 かぐやひめ語録【2010/10/14 21:33】


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB