ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


最近の金の高騰で、パチンコ業界が大慌て
【2010/04/17 23:52】 よもやま話
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1271485984/

・最近の金の高騰で、パチンコ業界があわてている。
 玉を換金するための「特殊景品」に金が使われているため、等価交換の店は買取所での
 買い取り価格を市場価格が上回りそうな勢いなのだ。玉を買ってもパチンコをせず、景品に
 交換して市場で換金する“不正行為”は、2007年の金高騰時にも発生しており、業界は
 戦々恐々としている。

 「このまま金の価格高騰が続き、『金商品』の価格を上回れば、値上げも検討せざるを得ない」
 こう語るのは、「東京商業流通協同組合」(豊島区)の広報担当者。同組合は、東京都内の
 パチンコ店に景品を卸す問屋の業界団体だ。

 「金商品」とは、地金を使った特殊景品のこと。風営法上、パチンコ店での換金は
 認められていない。そのため、パチンコの出玉は特殊景品にいったん交換される。
 東京の場合、それを公安委員会から古物商の許可を受けた「TUCショップ」に
 持ち込んで換金する。

 「この営業形態は三店方式と呼ばれます。かつてはボールペンやライターの石、ゴルフボール
 などを特殊景品にしていましたが、1990年ごろに金商品が導入された。その際、1グラム
 =2500円という換金率が定められました」(業界関係者)

 特殊景品に金商品を使う方式は全国に波及し定着したが、金価格が高騰した2007年に
 問題が持ち上がる。
 「金高騰で、市場価格が金商品の価格を上回る事態となった。等価交換の店ではパチンコを
 せずに景品を持ち帰って業者に転売する者が続出したのです」(同)

 このとき、業界は1グラム=2500円だった換金率を3500円に引き上げて事態の収拾を図った。
 以後、3500円の価格が続いているが、ここにきて再び07年の“悪夢”がよみがえりそうな
 気配なのだ

 http://news.livedoor.com/article/detail/4722305/
 9日の東京工業品取引所の金先物は前日比43円高の1グラム3490円と83年4月以来の
 高値を記録。その後も、15日現在で3476円と高値で推移している。現物だと、田中貴金属
 工業の店頭小売価格が15日現在で前日比22円高の3678円(税込み)と、すでに都内で
 流通する金商品の3500円を上回っている。

 パチンコ業界団体の関係者は、「価格差が300円まで広がれば
不正が出てくるとみている。
 パチンコ目的でなくパチンコ店に入る人間を“住居侵入”で訴えられるかもしれないが、いずれに
 しても何らかの対策を立てなければいけない」という。
 一方で、パチンコ業界にはもうひとつ頭の痛い問題がある。カジノ合法化法案の成立を
 目指して14日に発足した超党派の「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」が、
 パチンコによる換金もカジノ法案と同じ仕組みで立法化していく方針を固めたのだ。
 「これまでパチンコの換金は、警察の裁量で事実上黙認されていたが、こうした不透明な
 やり方を変えるべきだという議論も起きている」(業界団体関係者)。「庶民の娯楽」の
 代表格も、岐路に立っているようだ。(以上) 


不正ですか……
パチンコの景品を現金化するのに専用の交換所に持ち込まないと駄目だから持ち込むだけで、
より高いレートでの交換が可能ならそっちへ行く。
けっして不正ではないと思うのですが……。

まあ、商売ですのでセキュリティはパチンコ屋さんの方で腐心してください。
客は金を儲けようとしてパチンコ屋に貯金しに行っているのですからw
客の不利益になるような行為はとびますよ。客がw

悪態はやめておいてと……
最近の景気の悪さは、パチンコ屋の閉店という、驚くべき形で認識させてくれます。

パチンコ玉の貸し玉額が一玉4円だったのが2円の店や1円の店が出現し、最近では50銭が現れる始末。
これから先、パチンコ屋はもっと淘汰されていくでしょう 。

換金プロセスも透明化に向かいつつあるようですし、ま、盛大頑張ってください。
パチンコ屋さん。
私は1円パチンコで遊ばせてもらいます。






よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1595-0272c0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB