ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国政府が雇うネット工作員は28万人
【2010/04/01 00:11】 政治
悪魔の辞典さんからお題拝借です。中国政府が雇うネット工作員は28万人だって
さすが共産主義の国です。国家が露骨に世論に介入、党組織がネット工作員の存在を平然とHPで公表。なにやら一レス0.5元の報酬を貰っているところからこの連中は「五毛党」と揶揄されているそうです。

さすがに日本共産党は財力がないのか、こんな露骨なネット介入をやろうにもできないでしょうが、個人的有志がたまにアホなことをやって趣味者に捕まり、生き恥をさらしているようです。

遠藤利美氏(宮城県多賀城市 中学校教員49歳)
ぴかちゅー

共産党も対外的に謝罪し、当事者に厳重注意でもしたら、二の舞を演じるピエロさんか現れる可能性もかなり減ると思うのですが、共産党の場合、ゼブラーマンで触れた自称支持団体、で昔から自作自演しているので感覚が麻痺しているのでしょう。

共産党の指導層は共産党の指導を信じ、真面目に活動している末端の皆さんの思いを踏みにじっている結果になっていることを自覚して欲しいものです。

資本主義社会ではこの手のネット介入を商売にしようという人達も現れています。
ちょっと古いスレッドですが。ニュー速+に立っていた何とも香しい商売の話。
【ネット】『2ちゃんねる』のスレッドを削除(荒ら)してくれる怪しいサービス! 個人特定やイメージアップ大作戦も!

意図的にスレッドに大量の書き込みをし、スレッドを読めない状態にする業者が現れ、インターネット上で大きな話題となっている。そのサービスは北海道に本社を持つ株式会社遊販が運営しており、『2ちゃんねる等スレッド倉庫移動(削除)』というサービス名で提供されている。サービス内容を「大量に投稿→過去ログへ移動」としていることから、意図的に大量の書き込みをし、スレッドを強引に過去ログ倉庫に送るというのが主な作業内容のようだ。

■『2ちゃんねる』等スレッド倉庫移動(削除)
こちらは現存するスレッドに大量に書き込みをして過去ログ倉庫に送るというもの。過去ログ倉庫に移動したスレッドは特別なことがない限り読むことができない。しかし、『2ちゃんねるビューワー』などの『2ちゃんねる』専用ブラウザなどを持っている人たちは過去ログ倉庫も読むことが可能なため、そういうユーザーに対しては過去ログ倉庫にスレッドを送ったところで意味はない。また、この会社は「スレッド削除」と表現しているが、厳密には完全に消すことはできないので削除とはいえない。

(中略 http://getnews.jp/archives/45019 )

しかし気になるのが、最初に紹介した『2ちゃんねる等スレッド倉庫移動(削除)』である。このサービスは、この会社がスレッドに大量書き込みし、そのスレッドを埋め尽くして過去ログ倉庫に強引にスレッドを移動させるということになる。規制対象や荒らしにならないのだろうか? そのことを株式会社遊販に聞いてみようと電話してみたのだが、夜ということもあり誰も出なかった。この件については続報でお届けしたいと思う。

それらサービスの値段もそこそこお高く、個人では気軽にお願いできる桁ではない。芸能プロダクションや人生に追い込まれたレベルの人たちが来るのだろうか? もしかすると、ゲーム業界論争やマスコミ論争なんかも、このようなサービスを提供している会社が巻き起こしているのかもしれない。それだけならまだいいが、政治経済などが強く絡む企業や団体から依頼があったとしたら。


http://getnews.jp/archives/45019
http://getnews.jp/img/archives/01110.jpg

料金表

2ちゃんねるでこの手の工作が発覚したら、それこそ鎮火不能のネタとしてた永く語り継がれる羽目になります。
取り扱いは要注意ということでしょう。
日本で特定の政党がネットを都合の良いように誘導しようとして発覚したら、チーム施工のように悪の権化のごとく罵られ、結果として負のイメージしか残らなくなります。

中国において、ネットに対する共産党の介入ができなくなったらどうなるか、見物ですね。
ネットに対する言論統制、これは我々の社会でも注意すべき事で、何も共産圏だけの問題ではないので
他山の石とし、自らを戒めるべきだと思います。





よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1575-649d7113
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。