ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


NHK古代史ドラマ 大仏開眼
【2010/03/25 01:09】 よもやま話
NHK古代史ドラマスペシャル「大仏開眼 ~一三〇〇年を見つめた瞳~」 に使われた大仏様のセットがNHK大阪放送局1Fアトリウム&南側「難波宮跡」で、展示されていたので20日の日、見に行ってきました。

正面

斜めから

色彩は結構考証されているからこんなもんだったんでしょうね。

問題は顔。
火災で頭が落ちて、今あるのは後世の作だからオリジナルは不明。
多分、現存する当時の仏像から推測したものだろうけど、慣れ親しんだ現在のお顔からするとかなり違和感あります。

それから肌感。

やっぱ発泡スチロールと強化プラスチック製だから、鋳物のツルツル感ではありませんでした。
それと金ではなく金色塗料の輝きだからちょっと安っぽい。
金色もどきの肌荒れ気味の大仏様と言うことか。

ま、面白そうだから放送は見させていただきます。




よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1567-aa391e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。