ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


X-Japan Toshi氏(44)覚醒する
【2010/02/27 02:15】 よもやま話
★TOSHI「長年にわたってだまされていた」

・ロックバンド「X JAPAN」のボーカルTOSHI(44)が1月17日、「WANKU(わんくぅ)」の名で
 歌手活動中の香夫人(40)に対し離婚調停を申し立てたことを会員制サイト「ミクシィ」の
 日記で明かした。

 夫婦で参加していた自己啓発セミナーの主催団体「ホームオブハート」の主催者
 MASAYA氏(52)と香夫人が10年にわたって不倫関係にあったことを告白。
 一方、代表を務めるトシオフィスに多額の税金が課せられるなどして借金を背負い、
 自己破産を申し立て、破産宣告を受けたという。「長年にわたってだまされていたことから
 やっと目が覚めた気持ち」とつづった。18日、都内で記者会見を行う。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100118-00000045-spn-ent


★1月18日の2ちゃんねるニュース速報+板からの引用ですのでソースのリンク先は無くなってます。★

TOSHI氏も女房を寝取られて始めて気がついたんでしょうか。
以前、カルトについての考察2 に書き込みましたが、居心地の良い世界なのです。だから現実と対峙できなくなり、カルトの思うように操られてしまうのです。

カルトに取り込まれると居心地が良いのです。
 社会の為に貢献できる存在意義を見つけ(与えられ)
  活動すればするほど回りに認められ、誉めて貰える。
   方針は上が決定し、目的を自分で考えて決める事が無いから、精神的に楽です。

カルトで活動すると、真理を知っているつもりと思いこんだり、唯一正しい方法で
 社会改革、社会貢献しているつもりと思いこんだり、組織外部の人間より偉く感じるようになります。
  自分が他の人間より偉い存在と思いこみ、他者を見下すようになります。
   すなわち、選民意識を持つようになるのです。

カルトの仲間(構成員)はみんな親切です。外部社会にはない組織特有の価値観を
 共有しているので、その一体感は肉親以上と思える事もあります。
  でもその関係は虚構のものでしかありません。
   辞めようとしたり、組織を批判したりすると、手のひらを返したように冷たくなります。
    場合によっては陰口を叩かれたりの嫌がらせをされます。
     脱会者やいったん裏切り者(批判者)となった者は脱落者と見なされ、
      選民意識を持った元仲間から落ちこぼれと見下げられるようになるのです。
       専門用語、『転落』『退転』等を使って。
        上部に都合の悪い批判にどんな道理があろうが通用しません。
         批判する者は敵なのです。
          カルト組織が求めるものは盲信、絶対服従なのです。

脱会者や批判者を口汚く罵り、攻撃するように精神を改造された仲間をことある事に
 見せつけられ、恐怖心を植え付けられます。同調を求められ、いったん応じると
  自分の言葉に正当性を持たせてしまいます。(選択肢の一つ)

カルトはカモになりそうなターゲットを見つけると、平気で騙して会合等に連れ込むみます。
 新しく仲間になると、今度は騙されて会合にサクラとして参加させられるような事があります。
  会合でカモに対して、いかに組織が素晴らしいか述べるように話を振られたらどうするでしょうか。
   もし、仲間に気兼ねしてお世辞でも組織を褒め称えたらどうなるでしょうか。(選択肢の一つ)
    自分の口から出た言葉です。組織にいる限りは無責任ではいられません。
     だんだん正当性を持たせるようになり、自分の言動行動を正当化するようになります。
      カモを騙して会合に連れ込むような、一般社会では卑劣な行為に類するような事でも、
       平気になります。

カモを騙して会合に連れ込むような行為は大したことがないと思うかも知れませんが、
 知らず知らずの内に選択肢を与えられ、自ら選択していった結果と考えると、この手法の延長線
  上にはもっと恐ろしい結果が待って待っているという事を肝に銘じておく必要があるのです。

霊感商法で高額な宗教用品を売りつけたり、詐偽行為で人の財産を奪い取ったり、
 極端になるとオウムの幹部のように殺人すら平気でするようになり、『ボア』という専門用語で
  自らの行為を正当化するようになるのです。


 全て与えられた選択肢を組織の都合の良いよう選んでいった者の末路です。

カルトにとっては全員がこんな極端なマインドコントロールの支配下に陥らなくて良いのです。
 会合にサクラとして騙されて連れ込まれて、嫌悪感を抱く段階の仲間でも良いのです。

彼らが無償の無償の労働力件金蔓であればいいのです。
 多少、組織に批判的でも良いのです。
  極端な話、頭数だけの幽霊会員でも良いのです。

でも、時として批判者を組織の結束力や構成員に恐怖心を持たせる道具、
 生贄の羊として利用され、叩かれ、追い出される場合もありますから、気は許せません。

でも、カルトにとって都合の良いように与えられた選択肢を選んでいった者は重宝され、
 一般の仲間より高い地位に付くようになります。
  下の地位にいる仲間より、よ真理を知っていると思いこんだり、社会に貢献していると思いこみ、
   より強い選民意識を持つようになるのです。


私はTOSHI氏を批判しているのではありません。
カルトに与えられた虚構ではなく、現実と向き合うことができたのは大変勇気ある行為の結果だと思うからです。

ただ大変なのはカルトから離れると、カルトに与えられたもうひとりの自分が心から喪失してしまうのです。
心にぽっかりと大きな穴が開いてしまうのです。その穴をどういうふうに埋めるか。他のより過激なカルトに
捕まってしまったり、カルト行脚を始めたり、はたまた心の病院のお世話になってしまったりする羽目に
なってしまう方が思いの外多くおられるようです。

TOSHI氏はこれから色々大変な場面に出くわすと思います。
カルトに刻みつけられた心の傷は、時としてフラッシュバックして人を襲う事もあります。

TOSHI氏には決して怯むことなく、再び一世を風靡し、元気な姿をメディアに露出して欲しいものです。




よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1553-137b0ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB