ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


路上生活者の6割が精神疾患
【2009/09/06 05:32】 よもやま話
 路上生活者の6割以上がうつ病や統合失調症など何らかの精神疾患を抱えて
いることが、東京の池袋駅周辺で精神科医らが実施した実態調査で分かった。
国内でのこうした調査は初めて。自殺願望を伴うケースも目立ち、調査に
当たった医師は「精神疾患があると自力で路上生活から抜け出すのは困難。
状態に応じた支援や治療が必要だ」としている。

 国立病院機構久里浜アルコール症センター(神奈川県横須賀市)の森川すいめい
医師らが昨年末~今年1月上旬、池袋駅周辺で路上生活者の支援に取り組むNPO法人
「TENOHASI(てのはし)」(清野賢司事務局長)の協力を得て実施。駅1キロ
圏内に寝泊まりする路上生活者約100人に協力を求め、応じた80人を診察した。

 それによると、うつ病が40%、アルコール依存症が15%、統合失調症など幻覚や
妄想のあるケースが15%。複数の症状を発症しているケースもあり、不安障害や
PTSD(心的外傷後ストレス障害)なども含めると63%(50人)が何らかの
精神疾患を抱えていた。失業してうつ病になったり、疾患が原因で職に就けないなどの
理由が考えられる。重症者は調査に応じられないため、実際はより高い割合になると
みられる。
 一方、約半数が「死んだほうがいい・死んでいたらよかった」などと考え、「自殺
リスク」があることも判明した。路上生活歴は平均5年8カ月だったが、6カ月未満が
20人で最も多く、森川医師は「公園や河川敷と異なり、家を無くしたばかりの路上
生活者が多く、自殺につながりやすい」と懸念する。

 森川医師によると、精神疾患を抱えると、▽自分には生活保護を受ける権利がないと
思い込む▽自ら福祉事務所に相談に行けない▽福祉事務所の職員と話がかみ合わない--
などの理由で路上生活から抜け出すのが困難になるという。
 森川医師は「国は精神科病床の削減を進める方針で、精神疾患を抱える路上生活者が
増える可能性もある。専門性の高いケースワーカーの育成が急務」と指摘する。

 調査メンバーは今後、路上生活者の中に数多く含まれるとされる発達障害や知的障害に
ついても調べる。


◇【解説】新政権は早急に対策を

 路上生活者の6割が精神疾患を抱えている実態を指摘した今回の調査は、国に支援策の
見直しを迫るものだ。
 国の最新調査(09年1月)では、全国の路上生活者数は前年比1.6%減の1万5759人。
自治体の大半が日中に職員が目視で人数を数えているが、路上生活歴が短い場合、一見して
分かりにくいうえ、深夜の駅周辺に寝場所を確保する傾向があり、「今の調査方法では実態が
つかめない」との批判が出ている。7月の完全失業率は過去最悪の5.7%を記録し、路上
生活者がさらに増える可能性がある。
 行政側の従来の路上生活者支援は、ケースワーカーが短時間面接し、一時保護施設にあっせん
するなどして終わるケースが多かった。
 しかし、短期間で一時的な支援では、精神疾患の有無を把握することは困難。路上生活者を
減らすためには、ケースワーカーが繰り返し当事者に接触し、必要に応じて医療につなげる
システムづくりが不可欠だ。何よりもまず新政権は、路上生活者と精神疾患に関する全国規模の
調査を行い、実態を把握する必要がある。

毎日jp 2009年9月2日 15時00分(最終更新 9月2日 15時00分)


http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090902k0000e040073000c.html

病を抱えているから路上生活者になってしまうのか、路上生活者になってしまったから心を病んでしまうのか、バブルがはじけて以降、西成だけでは吸収できなくなった路上生活者が日本橋や道具屋筋にまであふれ、挙げ句の果てには大阪公園を始め、公園でテントを張って野宿生活を始める人が急に目立つようになりました。まあ、大阪市が天王寺公園を有料化し、路上生活者を閉め出したのも要因の一つではあるのですが、それだけでは説明できないだけの路上生活者のあぶれ方をしているのですが。また、新しいツールの出現により路上生活者のライフスタイル大きく変わり、仕事も携帯一本、寝床はネットカフェと変貌し、実態が見えにくくなってしまいました。

私が20~30歳代の時は社会はまだまだ柔軟性があり、そう簡単に路上生活に転落するような事はなかったのですが、現代では簡単に落ちていってしまうようです。

バブルがはじけ、小泉元首相が規制緩和を始めてからこの国は弱者に冷たい国になってしまったようです。

民主党さんにはそう簡単には路上生活者になるような事のない社会環境、派遣社員でしか働く事のできなくなった人達が正規雇用で働く事のできる環境を何とかして貰いたいですね。

貧富の差が大きくなり、そり日の食い扶持にすら困窮するような事が当たり前になれば、社会がおかしくなります。日本国民が国民として本来持っている権利が蔑ろにされ、安心して日々の暮らしができないような状態が続けば人心は荒廃し、治安は目に見えて悪化していくでしょう。

今回立てたエントリーの問題は2ちゃんねるのニュー速+板引用した話なのですが、偶然か中国の路上生活者のスレッドも立っていました。

貧富の差が激しく、人が互いに相手を尊重して生きていける環境が無く、そもそも人の命の値段が安い社会では、心身の荒廃はどういう社会現象を発生させるか。


臓器移植の悪徳ビジネスが横行しているといわれる中国で、今年6月に臓器入手が
狙いとみられる路上生活者の殺害事件が発生。関係者に衝撃が広がり、
無償のドナー(提供者)ネットワークづくりを急ぐよう求める声が強まっている。

中国誌「財経」最新号などによると、事件が起きたのは少数民族が住む貴州省興義市威舎。
35~40歳の男性が7、8年前から威舎駅周辺に住み着き、近所の飲食店から残り物を
もらって生活していた。しかし6月15日、貯水池で漁民がこの男性の死体を発見、
肝臓、腎臓、脾臓など臓器の大半や眼球がなくなっていた。
男性は殺害される直前、清潔な衣服を着てボサボサの頭髪もきれいにそっていたため
顔見知りの飲食店員が「なんで格好良くなったの」と驚いて声を掛けたという。
事件との詳しい関連は明らかではない。

警察はその後、臓器移植が盛んなことで知られる広東省広州市の中山大付属第3病院を
摘発。肝移植科の副主任医師らが興義市の診療所医師と結託、死体で見つかった男性から
臓器を摘出した疑いをもたれている。

財経が取材した臓器ブローカーによると、移植関係者の間では
腎臓一つが6万(約82万円)~15万元で取引されている。

*+*+ 北海道新聞 2009/09/02[18:46] +*+*


http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/186332.html

日本共産党の不破さん辺りは中国を共産主義のモデルとしてとらえているようですが、どうしてこのような破廉恥な事件が多発しているのか、ちゃんと目を見開いて分析するべきでしょう。






よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

>路上生活者の中に数多く含まれるとされる発達障害や知的障害・・

世の中には福祉を食い物にするずる賢い連中がいる一方で、福祉の網から零れ落ちる人々も少なくないですね。
で、そうした人々の中には所謂「知的障害者」も多い。山本譲司の『累犯障害者』(※)は、そんな彼らにとって刑務所が最後のセーフティーネットになっているという悲しい現実を書いています。これは良書です。機会があればお読み下さい。

(※)レッサーパンダ帽の男が起こした刺殺事件(彼が知的障害者であることが分かった時点で報道が控えられた)のその後を書いた章などは、涙なしには読めません。
【2009/09/12 02:13】 URL | 恩讐の彼方 #- [ 編集]


恩讐の彼方様

本の紹介、ありがとうございます。
累犯障害者、読ませて頂ます。
【2009/09/12 23:02】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1540-d1ca0770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。