ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


共産党、本領発揮かw
【2009/07/24 23:58】 日本共産党
私は前々から共産党は政治カルトであると看過していたのですが、
当別町長選では見事に本性を現したようです。
カルトその2

カルトは脱会者や追放者を見下げます。
言葉でも態度でもその対応には実に醜い者があります。
辞めていった者は堂々と後ろ指をさします。

某宗教団体では『退転』者と罵り、共産党では『転落』者や『転向』者、
はたまた『日和見主義』者などと蔑みます。

共産党にとって渋谷氏はどういう立場の人物か。
大人しくしていれば問題ないのでしょうが、公然と反旗を翻し、
共産党の前に立ちはだかる形で政治活動を始めたら全力を持って潰そうとします。
理由は一般人には理解しがたいものがありますが、カルト特有の解釈が根底にあります。

政治活動=党除名者=反社会的存在

日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+キンピー問題笑える査問録音公開中
さん処よりエントリー、丸々引用させていただきます。



日本共産党当別町委員会は、なぜ公明党と組んでまで反渋谷に回るのか?

いやはや、昨日書こうかな?どうしようかな?いや、正々堂々やっているようだからやめとこと思っていたのが、「おい、闇ビラ攻撃とかすんじゃないぞw」

泉亭市長を公然と応援する公明党が選挙を争うとき、投票日二日前の朝闇ビラが発見されるのが通例なのだが、ビラは出ないがこんなことやっているのか。

政治将校氏からの情報

せんてい町政が共産党を含むオール与党体制であることが発覚!

生活ネット議員がいなくなった後、議会では学校からプールを無くし、高齢介護センターの入浴サービスを週2回に減らす予算に満場一致賛成、町営保育園廃止の行革案にも共産党が賛成(笑


しぶや候補に対しては、せんてい陣営と同盟して党をハレンチ行為で除名されたとか、だからセクハラの筆坂氏の応援を受けているとか口コミで流し、それを公明町議が街頭演説する始末。

ひそかにしぶや候補を応援する末端党員もいるけど、議員や指導部は反しぶやで腐敗町長勢力と公共共闘までして同盟。



ところで渋谷除名問題は高裁で共産党民商側の全面敗北判決が出て、上告せずこれが確定。共産党が町民や党員に流すデマはゆるしがたい。

しぶや勝利は、反人民的な腐敗共産党への審判となります。全国の反共産党人士の方々が総選挙に先立ち、不破私党の腐敗官僚集団と化した共産党に審判を下すため、力を貸していただけますようお願いします。

いやはや、日本共産党に都合が悪い者を潰すためには、公明党とも共闘するんですな日本共産党はwww。さすが痴漢で逮捕された可知正元中央委員を除名せず、かばい通す党だわwww

ま、共産党がいざという時どれほど卑劣なことをするのかは、当blogにもさんざ書いてきたし、読者からの報告もたくさん上がってきているけど、さすがに公明党と共産党が共闘を組んだというのはなかったと思う。

実際、泉亭陣営のそうした態度に呆れかえって保守系の議員からも怒りの声が上がっているらしい。そりゃそうだろうというか、日本共産党当別町委員会は、なぜ、あり得ない公明党との共闘を組んでまでして泉亭町長を守ろうとしているのか。これは、大変興味深いことである。

それにしても共産党と公明党が組むなど悪夢だよw
全国の反共産党、反公明党諸兄にとっても、この選挙は長く記憶されるのではないだろうか。だって、あまりにもwww


共産党は形振り構わず潰しにかかっているのでしょょうね。
それはあなた達の存在意義に係わる事だからでしょうね。
でもね、共産党さんあなた方に社会正義はあるの?






よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1511-0374bdd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB