ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学生時代の思い出
【2009/06/30 00:28】 日本共産党
昔々の事ゆえ、記憶も曖昧ではっきりしない事がありますが、

何やら活動をばっくれるとき、気に入らなかったのか女の子を慰み物にして行った奴がいたらしい。
話をした奴にその男はどこの誰か、どういう活動家なのか何度も聞いたが教えてくれず。
代わりに被害者の個人情報は詳しく教えてくれた。
特に名前は野郎の方を聞いているにもかかわらず女の子の姓名ともに何度も連呼され、
未だに姓の方ははっきりと覚えている。それにはちゃんとした理由があって、私の姓の頭と
同じという、実に単純な理由から。

ただ、名前以外は名うての活動家だったという事くらいしか覚えてない。
なぜならどうでもいい話だったから。

未だにこの話を思い出しても、こいつの思惑が理解できない。
女の子に私怨でもあったのか、はたまたどういう理由でも辞めていったらこういう目にあうという、
脅しなのか。




「民青を知る会」なる会合。
民青の連中がカモを引っ張り込んでオルグするための責任の曖昧ないい加減な『会』。

民青である私がどういう分けか騙されて連れ込まれた話。

何で連れ込まれたかというと………

さくら要員。

いざ、会が始まって、私に話をふったら、都合のいい話が帰ってくるとでも思ったのだろか。
連れ込んだ連中の思惑を完全に無視したばかりに、後々大揉めに揉めたような記憶がある。

この話、まったくもって記憶がはっきりしない。







よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1485-7bbaa65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。