ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふりかけ論争
【2009/05/16 02:28】 よもやま話
食事中、ふりかけをかけられることにプライドを傷つけられ嫌悪感を表す妻、しかし、ふりかけが大好きで
 どんなにおかずが目の前に並ぼうと、ご飯にふりかけをかけて食べたい夫。この両者の言い分がそれぞれ
 お悩みとして発言小町にアップされました。時期はずれているので、同じ夫婦からの発言ではないでしょうが
 同じ悩みをもつ家庭が多いことに気付かされます。

■「ふりかけ」はおかずだ」
 40代の男です。食事時にのりたまを出してくると妻がいい顔をしません。妻の作った他のおかずも
 食べているのだし、のりたまもおかずの一種だと思うのですが・・。
■「おかずがあっても、ごはんにふりかけ」
 主人は、ご飯はいつもおかずと別のふりかけ、納豆、たまごなどで食べます。おかずの皿数が増えても
 同じ状況です。美味しいのも分かります。でも納得いかないのです。育った環境でしょうか。

 この発言に関してコメントは様々。
 「白いご飯のおいしさがわからないなんてかわいそう」
 「奥様が作ったおかずと市販のふりかけが同等なんて!食事作るのは大変なんですよ」
 「ふりかけくらい自由に食べさせてあげればいいのに…」

 ふりかけ好きを擁護する声の方が少なく、ふりかけを見境なくご飯にかけるのは食事を作った人への
 冒涜、とする見方が多かったですね。では、そもそもふりかけはおかずなのか?
 「のりたま」の発売元である丸美屋さんに聞いてみました。

??(論争などを説明し)のりたまはおかずになるんでしょうか?
丸美屋さん「食事を作られる奥様方の、のりたまをかけられるのはイヤっていう気持ちもよくわかります。
 確かなのは、おかずでは決してない、ということですね」
 「栄養があるわけではないですから。また、おかずがなくて、ふりかけご飯だけっていうときもあるでしょう、
 色々ですよね。のりたまだと色みもキレイですし、食欲がなくても見た目で食欲がでればいいなと思って
 おります。とにかくご飯を楽しく食べていただければ…」

 こんな質問にも本音で答えてくださって大変ありがたく思います。“ふりかけはおかずではない”んですね。(抜粋)
 
http://trend.gyao.jp/gourmet/entry-125097.html

私が育った環境では天ぷら、目玉焼きにはソース、ポテト、スパケッティ、マカロニサラダにもソース。
現在は天ぷらは醤油か塩、あるいは天だし。目玉は焼きはソースか塩。サラダ類はソースか何もかけないか。
野菜サラダなんかサラダオイルなんてかけるよりソースダボダボの方が断然美味い。
昔、兄貴のところに遊びに行ったら兄嫁が飯御馳走してくれて、野菜の一つとして出てきたのがポテトサラダ。無条件でソースかけたら「ちゃんと味付けしてます。」ぴしゃりとひと言。

嫁も亭主も縁あって一つ屋根に住むようになったが、元はといえば赤の他人。生まれ育った家の流儀で生きて来た身。各々の家庭文化の代弁者のようなもの。互いに文化の押し付け合いをしていたら争いの元。お互い尊重しあったらまた新しい家庭文化が生まれ、日々の生活がスムーズになると思う。

おまけ。
もう亡くなられたが、御亭主殿が石川県の人で、作られるみそ汁が具沢山でほとんど汁のない代物。
関西系は具の少ないお汁たっぷりのみそ汁だから食べづらいの何の。

家庭文化の尊重も大事だが、妥協も必要ですな。。。







よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1431-1ff54aec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。