ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎日新聞はマスコミの魂を売る気か。
【2009/03/05 02:40】 政治
1 名前:ぽこたん( ・∀・ )φ ★[] 投稿日:2009/03/04(水) 00:09:34 ID:???0
ネット騒然! 毎日新聞が創価・池田大作氏の寄稿を掲載

1日付けの毎日新聞に創価学会・池田大作氏が寄稿していることが明らかになり、ネット上で話題になっている。

 池田氏の寄稿が掲載されたのは、1日の毎日新聞「オピニオン」の欄。「危機の打開へ若き活力を」と題された文章で、池田氏の写真および「創価学会名誉会長」という肩書きとともに「モスクワ大学など世界の学術機関から248の名誉学術称号受章」などの経歴も付記されている。

 これまでにも同新聞に創価学会関係の書籍広告や意見広告が掲載されたことはあったが、紙面上に池田氏の寄稿が載るのは極めて異例のこと。
今回の事態はネット上でも大きく取り上げられ、「本当かよ!」「創価とズブズブなの、もう隠しもしないのか」「報道機関として終わっている」など、手厳しい指摘が相次いでいる。また、毎日新聞の子会社が創価学会の機関紙である聖教新聞を印刷していることから「何らかのトラブルで聖教新聞に載るはずの記事が毎日に載ってしまったのでは?」などという皮肉めいた疑問の声もあった。


「正直、驚きましたよ。寄稿を載せるというのは、単に広告を掲載するのとは意味が違います。紙面は新聞社の命ですから。
その命を、『毎日は(創価学会という)宗教に売り渡した』と見られても仕方ないでしょう。経営が苦しいとは聞いていましたが、まさかここまでとは......もう何でもアリなんですかね」(他社の新聞記者)

 毎日新聞は昨年、海外向けのWEBサイト「MDN」内の「WaiWai」コーナーに日本人を貶めるような"HENTAI記事"を多数掲載していたことから大きな批判を浴び、いまだにネット上には毎日新聞に対する不信感がくすぶっている。
今回の"創価記事"掲載で、そうした風潮にさらなる拍車がかかることになりそうだ。

http://www.cyzo.com/2009/03/post_1648.html


毎日新聞の記事

創価学会が長い時間をかけ、日本の司法立法行政を始めとして、この国の主要なポストをジワジワと支配下に置こうと画策しているのは、じっくり観察すると否が応でも認識せざるを得ない厳然たる事実で、上記のような報道を目にするとここまで来たかと恐怖せざるを得ない。

創価学会がマスコミを黙らせる戦術として、札束でほっぺたをはたいて懐柔するか、あるいは尻尾を振らないものは告訴尽くめにし徹底的に叩くか。

創価趣味者にとって、毎日新聞が聖教新聞の印刷を破格の代金で請け負い、今や聖教の新聞印刷無しでは経営が立ちゆかないのではないかという認識が一般的だと思うが、だからといって大新聞マスコミは公的な側面があるのにいかに上得意とはいえ、一宗教団体にここまでおべっかを使い、いろいろ社会的に物議をかもしている人物を持ち上げるのは大問題であろう。

毎日新聞は糞尿を食らって生きながらえる道を選ぶより、報道陣の魂を忘れず、栄光ある道を選べ。

某所で019のような書き込みしたらすぐに020のような書き込みがあった。

019 名無しさん (2009/03/03(火) 01:35:06 ID:VomeIOZM)
元々公明党は創価の政治部として生まれたのが始まりだろう。
よく、公明党の支持母体創価という言い回し方をされるが違う。
公明党の本体創価学会が妥当。

他の政党と宗教団体の関係をあたかもA政党の支持母体、B宗教と
創価と公明とよく似たような関係と思わせるような書き込みがあるが、
これは創価の工作員の策動としか思っていない。

たとえば自民とB教の関係を正確に言い表すなら。
自民党の有力支持団体B教とするのが妥当であって、
決して創価と公明の関係と同じではない。
020名無しさん (2009/03/03(火) 23:59:05 ID:tO/gEGy6)
>>19
お前さんの感想はどうでもいいから
ひとつでも違法だっていう判決を持ってこいや


創価学会の危険性を認識しているならば要監視対象として勢力の膨張を抑制するべき手段を
とるべきなのにどうして共産党はこんな戦術を取るのだろうか。

共産党が次期衆院選候補者を発表 2

無責任いい加減出鱈目。

困ったものである。







よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
他界家・・実は毎日・・
父が購読していたので・・そのまま変えずに・・。

毎日
地元高校の特集が・・。

もちろん地方版だけど・・。

バカに丁寧というか・・細かい取材。


ある日


社長が同校出身という記事が出て
納得。
【2009/03/08 11:19】 URL | 他界 #- [ 編集]


他界さん

報道者としての使命。
社会の監視者としての役割を放棄した新聞社など害悪以外の何者でもないでしょう。
世の中が誤った方向に傾たむきかねない、うさんくさい権力者に媚びを売る為に紙面を利用するなど言語道断です。
【2009/03/08 22:19】 URL | ぼやきのおっちゃん。 #LHEC..5I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1372-4a973a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。