ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ネット右翼だった大学生、共産党HPで誤解とけ入党
【2008/09/30 03:18】 日本共産党
共産党はなんかしょうむないことではしゃいでいますな。
戦前の共産党など構大物が右翼になっているのに、
たかが19歳の若者が右翼から共産党に入党したくらいでお祭り騒ぎとは……。

子は親の背中を見て育ちますが、親と同じ道を歩くとは限らない。
私の先輩に、民商に勤めている党員の息子がいましたが、徹底的に共産党を嫌っていました。
左翼でしたが旧社会党の青年組織である社青同(だったかな?)に加盟し、嬉々として活動しておられたのを覚えています。

対抗勢力の人間が入党したからといって、社会一般的に共産党の存在が認められたとは到底言えない。

ただ、それだけの話です。

でもこの方のブログの入党動機を読んで笑い転げました。

共産党系の団体が語る党入党や民青同盟加盟ストーリーそのままやんかwwwWWWWWWWW 

 ネット上では、戦前の言論弾圧についての論争で「(弾圧された人たちは)国家を転覆しようとしてたやろ」、自衛隊による市民監視には「国を守るためなら当然」と書き込みをしたという男性。「いつから外国いいなりの軟弱な国になったのか。日本を売り渡そうとしている共産党は国外追放すべきだ。乱れている日本の規律を正すため教師になって道徳を教えよう」と思っていたといいます。

 参院選挙で「自虐史観」からの脱却を掲げる「維新政党新風」に注目し、「この党が伸びれば日本は変わる」と期待しましたが、全員落選。「客観的にこの考えは受け入れられないんだ」と気づきます。

 その後、日本共産党ホームページで綱領を読み、誤解がとけました。「アメリカ、大企業言いなりやめようよ。自分の思っていたこと、まさにこれじゃないか」と合点。国家を転覆する「武力革命の党」などではなく、「選挙で多数をとろう」としていることも分かりました。「大政翼賛体制に抗して、反戦・民主主義を貫き、言論弾圧されながらたたかってきた。すごいことだと思った」と話します。

素通りしたが

 今年四月、大学の入学式で、学費値下げの署名に取り組む民青同盟のメンバーに出会います。「国立大だから安いほうやし、しゃあない」と素通りしました。

 「でも実際、借金になるから奨学金を利用しないという友達がいたんです。僕らは金がないから奨学金をいただいているのに、利用もできない状況がある。おかしい」。民青同盟の班に連絡をとりました。

なんで9議席

 誘われて党綱領学習会に参加しました。「米軍への思いやり予算や道路特定財源を見直し、税金の使い方を変えれば、ぼくたちが負担しなくても福祉を充実させられるし、奨学金も(貸し付けから)給付型に充実させられるんですよね。ふつうにみんなが暮らしていけるようにしようとしているのが共産党。過去の国会議事録を見ても終始、まともなことを言っていた。データを見たら正論なのは明らかで、こんなまともなのになんで(衆院で)九議席しかないんだよーと思いました」

 入党を考えた男性は七月、小選挙区兵庫1区候補の味口としゆきさんのブログを見て、「近くに共産党があることを知り」、メールしました。「共産党員になりたい」と両親に打ちあけたところ、「就職が不利になる」と反対されたことがひっかかっていたからです。


 翌日に会った味口さんは「党創立八十六周年記念講演会」での志位委員長講演パンフを示し「戦前も、大企業の中でも、不当なことに頭を下げなかった党員がいたから、日本の民主主義が発展してきたんだと思う。おかしいことには頭を下げない生き方をしましょう」と男性に呼びかけました。

 男性は「そりゃそうです」とこたえて、入党を決意しました。

 党の魅力について、男性は、「いい人ばっかりいる」と話します。「入党のとき味口さんから『人として分厚くなれよ』と言われたんです。周りから信頼される人になって、党を理解してもらえるように話したい。まだ、選挙権がないのが悔しいです」









よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1341-5b4b30f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB