ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


亡者の勘違い
【2008/09/16 06:56】 カルト
2ちゃんねるの創価公明板をヲチしていたら面白い書き込みに遭遇しました。
私は在日がどうのというという話は嫌いで普段だったらスルーする書き込みなのですが、
カルト信者の思い上がった勘違い、選民意識がいかなるものか、わかりやすい書き込み、
コピペと思うのですがありましたので、紹介したいと思います。

在日のための「創価学会」応援(がんばれ「創価学会」)
http://sokagakkai.tripod.com/
「不殺生戒と申すは、是の如き重戒なれども、法華経の敵になれば、此れを害するは第一の功徳と説き給う也」
(秋元御書)

「例せば殺生戒は仏誡の第一であり、生物を残害しないのは道徳心の発端である。それにしても謗法の者を懲罰するは、
法華行者の義務であり、いかに折伏してもこれに応じない者は、これが一命を断つとも已むを得ない。
これかえって真の慈悲である。
この意味からいえば、謗法者を殺すのは、法華経主義からいえば、不道徳でないのみならず、かえって大道徳になる」
(姉崎正治「法華経の行者日蓮」講談社学術文庫)

井上日召は、これに基づいて一人一殺を主張し、血盟団事件を起こしたが、賞賛すべきであろう。
創価学会も、井上日召に学ばねばならない。法華経の敵、創価学会の敵を害するのは、第一の功徳なのである。
法華経の敵、創価学会の敵を害するためには何でもする、そうした気概を持つべきなのだ。

創価学会は、今こそ、秋元御書を実践しなければならない。
日蓮大聖人の教えを実践し、法華経の敵、創価学会の敵を叩くのである。
そのために韓国民潭や朝鮮総連とスクラムを組んでいるのである。
//////////////////////////////////////////
創価のカルト性ここに極めり!


>「例せば殺生戒は仏誡の第一であり、生物を残害しないのは道徳心の発端である。
>それにしても謗法の者を懲罰するは、
>法華行者の義務であり、いかに折伏してもこれに応じない者は、
>これが一命を断つとも已むを得ない。
>これかえって真の慈悲である。
>この意味からいえば、謗法者を殺すのは、法華経主義からいえば、
>不道徳でないのみならず、かえって大道徳になる」


極端な例に見えますが、決してそういうわけではなく、こういう危険な思い上がりで
勧誘やオルグをしているカルトの構成員は結構いるものなのです。
ダイレクトに相手の命を取るというようなことは滅多にありませんが、
嫌がらせをしたり陰口を流したり、かなりあくどい事を平気でする連中が結構存在します。
ただ、始末が悪いことに当人には自覚がない。

カルトの構成員の勧誘というのは、自分達が高見から何も知らない哀れな一般人を仲間にし、
覚醒させてやるという、上から信じ込まされた思い上がり、勘違いが前提にある行為なのです。
カルトの構成員の話に中途半端に迎合し、脈ありと判断されようなら付きまとわれて、
なかり嫌な思いをしなければならない羽目に陥ってしまいます。

勧誘者の方が強い立場だでなおかつ常識のない馬鹿だったら力任せに無茶なことも平気でやります。
組織として社会倫理に反するようなことを戒めるような団体であるならば、問題になるような勧誘をした
構成員の方を指導して、組織としての社会的責任を果たすのですが、カルト度の強い組織では
そういう自覚がなく、社会と不必要な軋轢を発生させ、作らなくても良い敵を量産させてしまいます。

この話、創価学会を引き合いに出していますが、実は共産党関係の組織のオルグを念頭に置いて
書き込んでいるのです。

人のふり見て我がふり直せと言いますが、共産党さんも組織内のオルグ手法を少しばかり顧みて、
反省する必要があるのではないのでしょうか。

政治カルトにこんな事を言ってもピンとこないかも知れませんが。。。







よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1332-ab9034a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB