ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


歴史
【2008/03/07 01:53】 未分類
歴史というのは時の権力者により、改竄されまくっているので、真実を見極めるのは難しい

遙か昔を騙るのに。珍説、奇説、駄説、愚説の類を公開するのは自由であるが、定説となるのは過去の文献を調べる等、それ相応の裏付けがあってこそ定説となるのである。難しいのは大きな事件以外は定説であっても、歴史的真実であるという保証はないのである。ほんの五十年、第二次世界大戦当時の話ですら色々な解釈がなされているのが現状である。

教科書問題のような問題はあるが、幸いなのは権力者が一方的に歴史を解釈し、国民に押しつけるような体制ではなく、多くの学者が歴史過去の真実を発掘し、色々な仮説を立てた中で生き残ったものだけか定説となっている。

話は飛ぶが色々な団体、政治団体宗教団体。

みんなそれ相応の歴史を持っているが、多くの学者や当事者に裏付けの取られた内容であるかというと、はなはだ疑問なものが多い。団体に都合の良いように内容をねじ曲げられ、実に都合の良いように改竄されているとしか思えないものもある。事件の当事者の証言があっても一方的に無視して都合の良い話の垂れ流し。無知な人間は信じるかも知れないが、ある程度内情をを知っている者が相手だったら、手前勝手な自分たちの歴史解釈など受け入れてもらえないのが当たり前である。反論に窮するとそんな情報は反対勢力の流したデマだとか、話の流れを無視して一方的に自分の信じる説を垂れ流す事に終始したり、挙げ句の果てに遁走して、陰で議論した相手の陰口を言ったり、何らかのレッテルを貼って屈折した自己正当化を図ろうとする。

自分が信じている事を熱く論ずるのは自由であるが、一方的な情報を盲信して垂れ流すのは如何なものか。

多くの団体でこういう輩は存在する。
ほとんどはカルト団体であるが……







よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1226-05bd2dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB