ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


勧誘
【2008/03/05 05:14】 よもやま話
妄想であろうが実態があろうが、自分の所属する組織に確信を持った奴。

こういう奴の勧誘というのは始末が悪い。

議論しても素人と勧誘の方法を習得した奴。

素人に知識のない事を持ち出されたら話にならない。

圧倒的に素人側が形勢不利。

勧誘されている側にある程度知識があっても相手をするのが大変。

揉め事に発展させたくないと、のらりくらりとかわすのも手だが、
相手に脈があると勘違いされたら付きまとわれる羽目になる。

きっちりと間をあける事が肝心なのだが、相手は目が点になっている連中。

隙あれば仲間にしょうと色々画策する。

適当に話を聞いて勧誘を逃れようとすると、相手が切れる場合がある。

我々(自分)はこんなにすばらしい事をしているのに仲間に入らないのは……

後は人格攻撃。

ムカッとくるが、よくよく考えると自分は偉い、他の者達より一等上にいると思っているんだろうね。

頭にくる前に、かわいそうな連中と思が由。

酷い組織になると騙して会合とかに連れ込もうとする。

文句を言うとあなたのためだと。

騙された事に感謝しろとさえ言い切る連中もいる。

変な宗教の勧誘を受け、けんか腰で断ったら。

せっかくあなたのためだと思っているのに、と居直られたら。

それは頭にくるわね。

それも言っている事と組織の中身が違っていたらこいつは一体全体体と……

こんな経験をした人は少なからずいると思う。


私はこの手の連中大嫌いだが、百歩譲ってまあ仕方がないかと思っても、
もっと勘違いした愚か者がいるわけで。



勧誘に屈しない
  ↓
反社会的
  ↓
悪人
  ↓
懲らしめる必要がある
  ↓
ばれなかったら不法な事でも


上司が部下を勧誘し拒否されたのでパワハラ。

まあ、上層部に辞職覚悟で証拠と共に訴えたら困るのはその上司であるが。

だが○○組織の関連企業とだった場合は厄介。

知らずに採用試験を受け、採用された社員に勧誘。

社員が勧誘を拒否すると色々と。

企業自体がアレだから社員が訴えても、もみ消されるだけ。

もっとシンプルに組織内でダイレクトにというケースもある。

こういう組織は組織に懐疑的な行動を取る奴を嫌うわけで。

排除するか嫌がらせして黙らせようとする。

腹の悪い根性の曲がった奴はやられた側が困るような事を陰でする。

嫌がらせというのも一種、組織の性質が形になったものか。

この手の組織で一生懸命活動している奴は結構良い奴が多いがみんな良い奴ではない。

やり手ほど無茶を平気でする。




私は共産党員の方に素晴らしい方がたくさんいる事を承知している。

だが、中にはとんでもないふざけた奴がいた事も経験している。

そんな奴でもなんとか庇い通し、有耶無耶にしてしまったそこそこの地位の人物も知っている。






ネットを始めるまで、共産党にも色々な奴がいるだけで全体はそうでも無かろうと思っていた。

だがネットが普及し始め、検索サイトで色々調べるうちに考えを改めざるをえなかった。

組織的に一般社会とずれている。

常識が通用しない。

かっては少しであるが共産党を好意的に見ていたが、今は冷酷にウオッチせざるを得ない。


共産党はこんな事しない?

うん、色んなカルトに当てはまるように書いたつもりだから。






よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1225-1ff8ee4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB