FC2ブログ
ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


エディット・ピアフ 愛の賛歌
【2008/02/27 00:44】 映画
【2007/10/10 00:59】に立てたエントリー、エディット・ピアフ
映画館に足はを運んでいなかったのです。

実は昨年の暮れからDVDを予約し、発売日を待っていたのです。
本当なら今月20日には手元に到着する予定だったのが、
店側の手違いで今日到着。

ただいまDVDを再生しながらカキコしております。

エディット・ピアフは実に波瀾万丈な人生を送られた方であるのは
知っていたのですが、こんな繊細でありながら豪放磊落、
お茶目でチャーミングな人とは思いませんでした。
正直近寄りがたい。

映画としてはかなり重い。

ボーっと見るには内容が濃すぎます。

内容は各自DVDを借りるか購入してください。

主役のピアフを演じたマリオン・コティヤール(MARION COTILLARD)
この映画でアカデミー主演女優賞を受賞しました。


演技もさることながら、メークアップの凄い事。
マリオン・コティヤールさん、映画の中では全く別人です。

DVDのDISK2参照







よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1218-e3df84c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB