ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


東大阪市議選 共産4→9議席に大幅増
【2007/09/26 01:15】 日本共産党
今回の市議選は、産党員の長尾淳三前市長に対する不信任決議の是非が最大の争点となっていたから共産党に風が吹いたんだと思う。問題は全員当選といえど、定数が46だから過半数に程遠い議席数9議席しか取れなかったという事。長尾淳三前市長が再選されたと仮定しても不安定政権になるのは目に見えている。共産党に国政を任すなどという事は恐ろしくてできないけど、地方ではそこそこの実績を上げていると評価しているから共産市政でもかまわないと思うが、長尾淳三前市長が再選されるかどうかは、前回の選挙みたいに対立候補が自民が分裂状態で票の分断化されてないと無理だと思う。共産党にとっては他力本願選挙になるわけで、自民が候補者を一本に絞ったら打つ手無しというのが現実だろう。
長尾淳三前市長が前の選挙で当選したのは自民分裂のおかげ、棚からぼた餅したようなもので決して実力ではなかった。ようするに運が良かっただけ。
何度も書き込んでいるか、共産党は社会がその存在を容認する枠内を常に上下しているだけで、けっして一定以上の勢力にはなり得ない。
原因は自身にあるわけで、この原因が取り除かれ、国民から安心した目で見られない限り、泡沫政党の汚名をすすぐことはできないだろう。

共産党にとって東大阪市長選は負けた方が為になるかも知れない。
勝っても良いがこの政党、はしゃぐだけでまともな自己批判しないからな。。。
情けない事に勝負は自民次第。
どうなる事やら……………





よかったらポチッとお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ossanman.blog68.fc2.com/tb.php/1032-1d9e6e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB