FC2ブログ
ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


小池さんの高笑いが聞こえますw
【2019/01/31 23:16】 日本共産党
でもねえ……
[READ MORE...]
スポンサーサイト



DVD マルクス・エンゲルス
【2019/01/29 03:34】 映画
去年4月のエントリーで取り上げた映画です。
いつの間にかDVDが発売されていたとは。。。
マルエン

買うのもよし、レンタルで見るのもよしw

このDVD、4000円超えるのかよブツブツ

宏洋の人生ゼンツッパ!! ←この人正論すぎて怖い。。。
【2019/01/27 01:32】 カルト
宗教観については合わないところが多々あるけども、ほかは正論。
YouTubeの垢をBANされたそうですが、なんか父君からBANされそう……





大川総裁長男、ユーチューブで…… 
【2019/01/24 23:38】 よもやま話
「幸福の科学」大川総裁長男、ユーチューブで「父を信仰してません」 教団が痛烈に批判、反論 2018/10/06

2018/10/06 13:12J-CASTニュース
宗教法人「幸福の科学」の大川隆法総裁の長男がユーチューブに投稿した動画が波紋を呼んでいる。

長男の大川宏洋氏は動画内で自身を信者ではないなど教団との関係性を告白。それについて教団が公式サイト上で反論、
批判を展開している。



30分近い独白

大川隆法総裁の長男である宏洋氏は2018年8月23日にユーチューバーデビュー。「宏洋の人生ゼンツッパ!!」と題した動
画を投稿し、映画の批評を行う動画を公開していた。

初回の動画では自身が教団とは関係のない「宏洋企画室」という会社を立ち上げ、所属タレントを募集していると言及してい
ることがあったが、教団について突っ込んだコメントはそれ以降なかった。

しかし、10月1日に「宏洋の人生ゼンツッパ!! ※炎上注意!!※宏洋は幸福の科学と決別したのか?!」との動画を投稿。
かねてから質問が多かったという幸福の科学と自身の関係について話した。すると早速動画の序盤で、

「結論から言うと、宏洋は幸福の科学を辞めています。幸福の科学の職員を辞めています」
と話した。実際、宏洋氏は1月1日にインスタグラムで、1月いつぱいで教団職員を退職すると投稿していた。

宏洋氏は教団に対し辞意を伝えているとコメント。教団の仕事から一切離れているとし、こう強調した。

「幸福の科学とは完全に無関係の状態。宏洋は幸福の科学とは無関係です」
「幸福の科学の信者ではありません。信者ではないんです」
宏洋氏によると幸福の科学に入信する再、「三帰誓願(さんきせいがん)」との儀式を行うそうだが、それを行っていない
ため信者ではないと主張している。

父である大川隆法総裁については、

「私は大川隆法総裁を信仰していません。彼のことを神だと思ったことは一度もありません」
「彼は私の戸籍上の父親です。それ以上でも以下でもありません」
などと言及。

続いて教団内では大川隆法総裁と考えを合わせなければならない状況に、

「教義の内容に賛同できない部分がある。個人の考えと一致しない部分がある」
「価値観を1つにする必要なんてそもそも無い」
「みんなが同じことを考えて、同じようなことを言う そういう世界って気持ち悪いな」
と批判を展開。さらには「生理的に無理」と突き放した。

その後も自身の今後や清水富美加さん出家に反対したものの総裁に反対されたことがやめる引き金になったことなどを
説明した。



「入会信者レベルの自覚もない」
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://news.nicovideo.jp/watch/nw3983491

宏洋氏がYouTubeに投稿していた動画ですが、教団関連企業から著作権侵害云々という話でアカウント削除の
憂き目に。
で、どうなっているかと言うと、新アカウントで活動を再開されているようです。

野原ひろしクリックするといろいろな動画が閲覧できます


うーん……
大川姓に改名してたのね。。。


胡散臭い振興カルト宗教の教祖様の御子息にしては偉いまとも、応援したくなりました。

頑張れ創価学会www
【2019/01/22 00:52】 よもやま話
タイトルですが……
はい、冗談です。。。

大概が大概たちの悪い冗談ですwww
とりあえず悪魔祓いだけはしておきます。

南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

この内容は裏を取ってないのですが、外野の人としてはこのまとめの最低ラインが現状に近い
のではないかと思うのですが……

ソースは5ちゃんねるの創価・公明板のこのスレッドです。

どんどん会員が減ってる実情を報告しましょうPart.7

過去ログ送りになっているようだったら、創価・公明板でスレッドタイトルで検索してください。
おそらくヒットするでしょう。

■創価学会のデータ
現在の推定会員数 300万人から400万人の間くらい
推定総世帯数 110万世帯から145万世帯
65歳以上の推定会員数 約130万人(32.5%から35%程度 ※約190万人・45%以上とする分析あり)
総地区数 約4万人
年減少者数平均(死亡・退会・非活の合計) 10万人から20万人の間

聖教新聞の部数 採算ラインとされる300万部を割り込んでいる
バリ活数 既に100万人を割り込んでいる可能性が高い
退会者予備軍の数 幹部とバリ活を合わせても、150万人いるかどうか怪しいところまで後退している為
         退会者予備軍は200万人~250万人くらいに達している可能性あり
公明党支持率 創価学会と深い繋がりのある毎日新聞で2%という数字が出る惨劇が起きた
※毎日新聞が創価学会に配慮して数字に下駄を履かせた可能性があり、実際は1%台だったともされる
※大量退会者が発生する可能性が出ている――靖国神社のみたままつり問題が物議を醸している為

財務状況 年600億から800億説あり
教団維持に必要な費用 年1600億説あり
※この数字が正しければ、現時点で赤字に転落している
教団職員数(日本のみ) 3000人程度
会館数 約1200

海外での活動状況 156団体が加盟、日本を含む192の国・地域に会員が存在
海外の推定職員数 1万5000人以上
推定海外会員数 150万人
※海外では教団維持に必要な財務が集められず、赤字が発生していると推測される

10年後の推定会員数 229万人から319万6000人
10年後の公明党の比例得票 500万票台
※現会員数が300万認定とでF票が取れている場合、500万票を割り込む可能性あり

10年後には集票能力の大幅な後退で政治的影響力が低下し
会員減と高齢会員の増加=活動的な会員数の減少により社会的影響力も低下するものと考えられる


■創価学会の市区町村議選における得票数


http://www.soumu.go.jp/main_content/000495497.pdf
http://www.soumu.go.jp/main_content/000328867.pdf
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%9C%B0%E6%96%B9%E8%AD%B0%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E5%93%A1

2016年参院選時の当日有権者数 1億396万2784人
市区町村議会議員定数 30,101人(2017年12月31日現在)
公明党議員数 2735人(上記同)

統一地方選挙における投票率 市区町村議選 47.33(平成27年)

1億396万2784人×47.33%=4920万5585人

4920万5585人÷30101人×2735人≒447万0857票(小数点以下切り捨て)

公明は議席取れない場合は基本候補を立てないし、また議員総数と党所属議員の人数から出した推定値
従って微調整は必要になってくるものの、仮に調整したとしても、既に500万票を集める力自体がない

※衆院比例は小選挙区で創価票を自民候補に投じたバーターで入る自民票と仕事関連で入る業界票(合計200万以上)が加算される為
 実際の創価学会による集票能力(会員票+F票+α)の数字は、比例票から数百万票低い数字となる

日蓮正宗信徒数推移

http://livedoor.blogimg.jp/hide_akihiko/imgs/6/d/6de3b885-s.jpg

1997 576万5643人 創価学会員正宗信徒資格喪失
1998 28万3354人
1999 30万4140人 +20786
2000 33万8000人 +33860
2001 35万3000人 +15000
2002 36万7000人 +14000
2003 36万2000人 -5000
2004 37万5000人 +13000
2005 37万8000人 +3000
2006 39万3000人 +15000
2007 39万6000人 +3000
2008 39万6000人 0
2009 39万6000人 0
2010 40万8000人 +12000
2011 43万2000人 +24000
2012 46万6000人 +34000
2013 50万0000人 +34000
2014 54万4000人 +44000
2015 60万5000人 +61000
2016 66万8000人 +63000
2017 67万0000人 +2000

安保騒動以降、創価学会から、日蓮正宗に移る学会員が大量に出ていたが
昨年は+2000万にとどまっている
ただし毎年5万人くらい移っていたと考えられるものがここまで減るのは不自然である為
・正宗をやめる信徒が増えて、創価から入っている新規の信徒による増加数を相殺している
・退会後、正宗に行かず、無宗教に戻る元学会員が増えている
この二つのどちらかではないかと考えられる

今日の静かにブログのコメント欄、衝撃的なものが来てるな

数十万人がSGIを離れて宗門に

http://myokan-ko.net/lib/lib2-9.html> 

中には、スペインのように、理事長を筆頭に活動メンバーのほとんどが日蓮正宗についたという国や、
> インドネシアやガーナのように、組織ごと日蓮正宗に帰属したという国もあります。
> その他にも、アメリカ・ブラジル・アルゼンチン・フランス・台湾・韓国・シンガポール・タイ・マレーシア等々、
> 四十数ヵ国にも及ぶ国々の大勢の人達が、SGIを脱会し、日蓮正宗につきました。  

> 現在、日蓮正宗海外部が掌握(しょうあく)している海外の日蓮正宗の信徒数は、ずいぶん整理してきて、
> 六十数万人(※ただし、インドネシアに関しては、二十万世帯と数えていますが、実際の世帯数はそれをはるかに上回ると思われます)――。
> そして、どの国の信徒も寺院の建立を熱望し、異体同心の信心で学会からの妨害を跳(は)ねのけながら、
> 現在までに、十二ヵ国に二十の寺院および布教所を作ってきました。  

海外での布教に関しては、正宗側に会員が流れてボロ負けって事じゃん


2018年05月26日 幹部とお金

http://blog.livedoor.jp/sokadegei/archives/1071064361.html> 
大多数の会員さんは新たなコートジボワールSGIに加わることはないとのことです。
> 話しはそれましたが、、、一方、先日5月下旬に韓日友情総会の開かれた韓国でも、
> 韓国のマチャミと言われ日韓で精力的な芸能活動をされていたヘリョン(チョ・ヘリョン)さんが
> 一年前の今時分に創価学会からキリスト教に改宗したことを告白しました。

> このことが、韓国SGIにどの程度影響があったかはわかりません。
> しかし、少なくともここ数年でキリスト系教団が韓国宗教界で信者数を増やしているのは間違いないとお聞きしました。

この調子だと韓国でも日本と同じく退会者が出続けて勢力が急縮小って流れになるんだろうし
財政状態が急激に悪化するわけだよ

これは前々から言ってる事だけど、創価は以前まで日蓮正宗の信徒団体だったわけだから
教義も正宗と殆ど違わなかったわけで、正宗と創価とで戦ったら、どうやっても正宗には勝てない
しかも正宗はれっきとした伝統仏教の一派だから、その事実を海外の会員が知れば、正宗に移るのは防ぎようがない
海外に関しては、正宗に移る会員が続々と出て、今後は減る一方というのがほぼ確定か
そして会員が減れば減るほど、海外での教団の維持も困難になって行くと

創価学会の内情に詳しい元幹部の非活会員が、高齢化と人手不足による負担増で苦しくなるので
そうなる前に退会して下さいと呼びかけるような事態に陥っています

2018-07-18 活動から身を引くこと。

http://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2018/07/18/000000
さて現在の創価学会の活動家さんに一番私が伝えたいことは
「退会されるか、早めに非活、未活メンバーになってください」ということです。

そもそも創価学会の高齢化は日本の一般よりもはるかに早いスピードで進んでいます。
すでに創価班や牙城会の着任予定表が青年部だけで埋めることが出来ず、王城会等の壮年部、また婦人部までが
駐車場役員に駆り出されている現状は異様です。早くその異常な事態に気づくべきかと思います。

すでに青年部だけで未来部担当者を決めることさえできなくなり、高齢化する壮年と婦人で未来部の育成や会合の運営を
しています。
しかも方面地域によっては少年少女部、中等部、高等部をみんなまとめて会合を組まないと人が集まらない。
本部単位でさえ未来部が集められない状態になっています。

一部の分県や圏では、女子部の分県幹部や圏女子部長さえ立てられない状態になっています。

ブロック幹部はすでに後期高齢者で出戻りの古参幹部を再登用しないと役職を埋められなくなっています。
そのうち、地区幹部もなり手がいなくなります。すでにそういう組織が出てきています。


今後は必然的に活動家一人あたりの負担がじわりじわりと増えていきます。
聖教新聞のノルマも容赦なく飛んでくるでしょう。

みなさん、早めに組織から離脱してください。
そのうちいろんなことをお願いされることになります。負担が増えます。それはもはや必然的なことです。
任用試験の受験者を毎年出すことなどもはや不可能になりつつあります。

組織の瓦解は緩やかに、しかし確実に起こります。もはや国内の会員数は増えません。
すでにいないはずの会員の統監さえも信者数を増やすという水増し目的のために残して置いてあるのが現状です。


一昨年くらいから財務の締め付けが厳しくなり、各地の文化会館で異常なまでの節約が行われている為
創価学会は金欠に陥っているのではないかとの噂も立っている


http://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2018/09/21/000000

最近の財務の傾向。

いつもみなさん、ありがとうございます。
昨日に引き続き、ブログ読者からの投稿・情報提供を基にして、今回も書いてみたいと思います。
今回は最近の財務についてです。さまざまな方面からの情報提供、いつも本当にありがとうございます。

創価学会組織内では、広布部員(財務)の申し込みがまた始まっているようですが、
どうもこの方の情報提供によりますと、最近の財務の傾向として「あらゆる会員さんに財務でお金を出させる」という傾向が強まっているそうです。
この方のお話では実感として「年々その傾向が強まっている」と感じていらっしゃるようです。

生活保護の受給者でさえ最近は一部地域で財務をさせている現状がありますし、
また年金生活者や大学生でもアルバイトをしていれば財務部員の対象となってきているようです。

私は学生時代、財務はやってなかったはずです。だんだん当時の原理原則が反故にされて、
金さえ集まればなんでもありみたいな状況になってきているようです。
大石寺系教団の特徴として過去に言ったこともやってたことも誤魔化す傾向がありますが、
大石寺も創価学会も都合が悪くなると過去の発言を本当に誤魔化します。

最近では更に、無職の男子部員にさえ、地区部長や支部長が家庭訪問をして広布部員の申し込み用紙を配っている有様です。

どうもその背景にあるのは、近年増えてきた傾向なのですが、
申し込みをしたのに振り込まない人が増えていることのようです。で、実は高齢者の振り込み忘れが一番多いようですね。
そのため、現在の組織としては担当エリアの会員に総当たりするしか方法がなく、
徐々に会員さんの経済状況に気を使う余裕がなくなっているようです。

政治団体化する創価学会

http://watabeshinjun.hatenablog.com/entry/2019/01/09/000000

選挙支援と信仰活動を結び付ける傾向。

いつもみなさん、ありがとうございます。

さて最近の創価学会では、公明党への選挙支援と創価学会の宗教活動を結び付けることが常態化してきているようです。

以前に宗教活動と選挙支援活動を結び付けている、その淵源が池田大作氏の『立正安国論講義』にあるのではないかという提起を記事で書いたことがあります。

今回、ブログ読者で、創価学会の覆面活動家さんから投稿を頂きまして、掲載の許可を頂いたので、メール内容を紹介したいと思います。
お読み頂くと、現在の創価学会がますます信仰活動と選挙支援とを結びつける傾向が強まっていることがなんとなくわかるかと思います
(逆に選挙における勝利至上主義はややトーンダウンしている印象も受けました。沖縄県知事選挙の影響があるのやもしれません)。

「いつもありがとうございます。
さて今回の情報は、2018年12月12日(水)に東京都S区某地区拠点の某会員宅で行われた三本部合同の男子部政治学習会での事です。
発言した担当幹部は、総区男子部長で聖教新聞社職員の方です。
気楽非活さんが、現役の活動家だった時より、公明党の支援活動の意味が少し変わったように感じたのでメールしました。
以下、メールが長くなりますが、総区男の発言の要旨です。


“最初に、今まで男子部で曖昧だった政治学習会と支援学習会について明確に区別したいと思います。
 政治学習会は公明党の政策を学ぶ学習会です。Fを取るときの語り口にしてください。
 支援学習会は創価学会がなぜ公明党を支援するのか学ぶ学習会で、主に御書や池田先生の指導を学びます。ですから今回は支援学習会になります。
 皆さんに強調したいのは、「創価学会は生きた宗教である」と言う点です、信仰を根本に個人の幸せに向き合っている宗教団体は創価学会だけです。
 個人の幸せに向き合う生きた宗教であるからこそ、日本が民主主義国家で選挙があるかぎり、政治とは永遠に関わり続ける必要があります。
 日蓮大聖人の立正安国論は究極の平和主義です。新人間革命の4巻と21巻に池田先生が立正安国論に言及していますので熟読して下さい。
 創価学会の考える世界平和とは、戦争が無い状態が平和ではありません。 物質的に恵まれた状態が平和ではありません。
 精神的に満たされた状態になって初めて平和であると考えます。
 一対一の対話でひとりひとりを幸せにできる創価学会こそが、世界で唯一、
 世界平和を実現できる団体であり創価の励ましが世界に広まった時が世界平和なのです。
 これが人間革命の思想です。
 では、選挙の支援活動に功徳はあるのか? あります。選挙の支援活動は友人に、創価学会員であることを伝え、
 なぜ創価学会を信じているかを伝え、人間革命、世界平和の思想、創価の励ましの思想、
 全ての人の命に無限の可能性があることを信じる一念三千の思想を語るのですから、折伏そのものです、功徳が無いわけがない。
 さらに言えば、このような活動ができるのは日本の創価学会だけで、世界で唯一の活動です。
 仏縁の拡大でいある以上功徳は絶大です。人脈を総当りすることで宿命転換できないはずが無い。
 さらに極論すれば、公明党議員を当選させることが目的ではない。投票日までに、人脈を総当りして、人間革命の思想、創価の思想を語っていく。
 それで、自身の目標、夢、課題、悩み、宿業を投票日までに、同時に決着させていく事が大事です。
 投票日の万歳は、自身の明確な目標を達成できた事に対する万歳であり、究極の所、公明党の議席や政策など関係ないのです。”

以上が発言の要旨になります


以前から、選挙の支援活動と功徳を結びつける幹部指導はありましたが、最近より強くなったように感じます。
昔は幹部の中に選挙と信心は別だと発言する人がいたように記憶していますが、今はそのような幹部は、ほとんどいません。

2016年から青年部が取り組んでいる、VA(ボイスアクション)などでアンケート活動をする政策は、
良く言えば生活に身近な物ばかりですが、安全保障や外交政策、経済政策など、難しい問題から目をそらす為のもののように感じます。

あわせて、最近の青年部は、投票日までに自身の人生の課題に決着をつけることが大切だと強調されています。
投票日までに支援活動に取り組みながら、就職、転職、恋愛、結婚、仕事での実績、資格試験、病気の克服、
人間関係の改善(職場での上司、同僚との関係。あるいは家族との関係など)等々、真剣に取り組み結果を出すのが、
人間革命なのだと指導しています。

そして、注目すべきは最後に、『究極の所、公明党の議席や政策は関係無い』と発言したことです。
以前の公明党の政策と違うことを指摘された時の予防線であり、今後の選挙での敗北も視野に入っているように感じました。」



このような投稿を頂き、私も少々驚きました。

言論出版妨害事件以降、創価学会は選挙支援と信仰活動を表向きには別のものとして、建前として会員の政党支持の自由を謳いました。
実際に創価学会の活動家になれば、全てが公明党の支援ばかりで「会員の政党支持の自由」などといったところで有名無実なのですが、
最近の創価学会では更に「選挙支援=信仰活動」「選挙支援に功徳がある」という傾向が強まっていることがよくわかると思います。

投稿、ありがとうございました。
また読者の皆さんからの投稿を、お待ちしています。いつもありがとうございます。


追記:
私は基本「功徳」という語を「ご利益」のような意味で使う大石寺系教団、創価学会の用法を疑問視しています。
上の記事で便宜上「功徳」という語を「ご利益」という意味で使っているのは、大石寺系、創価学会員さんが
当ブログの読者に多いことが予想されるため、読者の皆さんの便宜を優先したためです。ご承知頂ければ幸いです。

『週刊現代』1978年10月26日号 極秘入手!! 池田大作氏と創価学会・公明党に関する公安 秘 調査報告書の戦慄
やっぱり公安当局は創価学会・公明党を「調査対象団体」にしていた。
ある公安情報通はキッパリといった。
「公安調査庁は創価学会・公明党には相当以前から注目していたが、専従を二名つけたのは四十年頃で、
翌四十一年六月から月一回、『新文化研究』というレポートを出すようになった。
『新文化』と名をつけたのは、池田会長の第三文明論を皮肉ったわけで、それに内容をカムフラージュする効果もあった。
このレポートは公安関係筋ではニュー・カルチャーの陰語で通っているが、部数は約五十部。専従二人じゃ追いつかないから、
外注の人もたくさん使っている。公安の予算は、領収書不要のカネだからね、調査費は……」
“領収書のいらないカネ”というのは、いうまでもなくスパイ活動費のこと

レポートがより問題視しているのは創価学会流の教義である。
聖教新聞の編集幹部の論文を引用しながら、こう断じて、当局の危機感をつのらせている。
「……『聖教新聞はひとり創価学会の機関紙にとどまらず、人類の指導法であり、人間の機関紙である』と書いた。
このように、創価学会ないし池田会長が中心となって世界が動いているというような論文は、
これが信仰として個人の信条にとどまるならもとより自由だが、これによって世を救う政治をやろうというのだから問題である」

警視庁は公安二課が担当
創価学会・公明党の動向を調べているのは、公安調査庁だけではなかった。
本誌が入手した警視庁の資料も十年以上前から担当警部を置き、
所轄警察署を拠点に継続調査している。

「警視庁が創価学会に対する監視を強めたのは、五十年の創共協定締結以来です。学会が共産党と協定したというので
驚いた警視庁では、右翼担当の公安二課が本腰を入れてマークしはじめたわけですよ。月に一回の報告書を作成しはじめたのは、
それから」(警視庁詰め記者)

問題は、いつから公安当局が調査対象にしたのか、ということだが、公安情報に詳しい評論家・伊達宗克氏は「昔から聞いていますよ」という。
「創価学会は昭和二十年代後半から折伏大行進ははじめ、相手の家に押しかけて仏壇を焼き払うような事件がよく起きたものです。
これは届け出があれば捜査しなければならないし、それ以前の調査するのが公安当局ですから、当然、創価学会は調査対象にされますよ。
学会に限らず、過去に過激な行動をとった宗教団体は、やはり現在も調査対象になっています」

週刊現代の記事はここまでだが、決して過去の話だと考えてはならない
創価学会は公明党が与党入りして以降、調査や監視の対象から外された、等という話がある一方で
池田氏が倒れた後の2010年代には、警察庁が池田氏の動向と創価学会の情報を掻き集めているとのマスコミ報道があった為である

そしてこの前、公明党に対して学会員が行ったデモに、公安警察の私服警察官が監視に姿を見せたというのである


https://twitter.com/hells_emperor/status/1061104060202250241
>波乱万丈斎
>@hells_emperor
>公明党は公安、創価学会の広宣部が張り込み、写真撮影に来ていた。
>神奈川の公安だよ。

デモの観察に来ただけであれば、わざわざ私服の公安警察官であると気づかれるような形を取る必要はない
このような形は、抑止効果や委縮効果を狙って故意に行われるものなので、創価学会は危険な団体だと認識されている事になる
もちろん危険視されているのは、反対派の学会員だけでなく、現執行部を支持する学会員達も同様であろう
反対派の学会員達を盗撮している広宣部の創価班員も、当然、調査や監視の対象となっていると考えられる

創価学会は、現在もなお、国に危険な団体と認識されて、調査され、監視も受けている、という事である
また神奈川で起きた一件から、創価学会に対する国の監視度は、かなり高レベルな水準であると考えられる

更にもう一歩危険度が高いと判定されれば、警察庁から創価学会を危険視し、調査や監視を行っていると
マスコミを通じて正式に発表されるところまで行く可能性も考えられる

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


信者の数がどうの各国の、SGIがどうのなどは興味ありません。情報の囲い込みが難しくなったNET時代、
カルト性の強い団体が衰退するのは時代の趨勢。
スレッドを立てた人はかって創価学会の母体であった日蓮正宗系の人の可能性大ですが、日蓮正宗も伝統
カルト宗教、いや、そもそも日蓮自体が鎌倉時代のカルト坊主です。時代の流れにあがなうことは難しいでしょう。

問題は機関紙の減紙状態。
共産党の機関紙がどうなろうと、自前で印刷している以上、紙を卸している会社以外迷惑はかかりませんが、
聖教新聞は自前の印刷所を持たず、全国37箇所の新聞社および関連印刷工場に印刷を委託、それも皆が
連想するコストカットというような生易しいものではなく、最高級の紙を使い、破格の印刷代で印刷しており、
新聞社によっては聖教新聞の印刷委託がなかったら経営が成り立たなくなっているそうで、要するに巨額の
印刷費で新聞社のほっぺたをペンペンして口を封じて来たということらしいです。
聖教新聞の印刷を請け負うことで多額のカネを稼ぐ新聞社
googleにて「聖教新聞」「 印刷場所」で検索すると色々ヒットします。

かって公称650万部を誇った聖教新聞が300万部を切るていたらくが本当であるらば、印刷の外部委託状況が
どうなっているのか実に興味のあるところで、実部数に合わせて外注を減らしたならば、そう遠くない時期に経
営難に陥る新聞社が出てくるであろうし、創価学会が当初の目的と言われる新聞社の口を封じる目的の遂行を
粛々と実行しているならば、委託部数を減らさず無理を続けるでしょう。

この数字が本当であるならば、近い将来財政破綻を起こしても不思議ではないが、動産不動産合わせて10兆円
近い資産を持っているそうで、非常事態に陥る前に何とかするであろう。
週刊ダイヤモンド 2004年8/7号( Kindle版 890円)

財務状況 年600億から800億説あり
教団維持に必要な費用 年1600億説あり
※この数字が正しければ、現時点で赤字に転落している
教団職員数(日本のみ) 3000人程度
会館数 約1200


職員の待遇で愚痴を聞かないところを見るとそこそこ遇しているのでしょう。
どこぞの糞カルト政党とは違うものです。

ま、創価学会も脱カルト化しないと、どこぞの政党の後追いをするハメになるということを
肝に銘じておくべきでしょう。

私個人としてはそっちのほうが平和でいいと思っているのですがw

次回は幸福の科学です。なんとお家騒動がwww

いい加減、恥ずかしい笛を吹くのはやめた方が……
【2019/01/18 21:53】 日本共産党
悪魔の辞典さんところのコメントからの引用です。
地元の市民からのカウンターというより右翼さんからの吊し上げなのでしょう。
なんか冒頭で{おっ!村田春樹だ」なんで言っているし、けったいな旗をひらひらさせて見せびらかしているし……
これ、何という団体の旗なんだろう。。。

1. とおりすがり 2019年01月17日 12:42
埼玉県の富士見市の成人式。
新成人向けの街宣をする共産党に、地元の市民がカウンターをするのが、ここ何年か恒例行事になっています。
もともとは市が文書で各団体に会場敷地内での街頭活動を遠慮してもらうよう要請したのを共産党が無視したのが
きっかけ。


まあ、共産党の下心ミエミエなだし、正論に基づく行動ですから仕方ないでしょうな。
恥ずかしいのは九条の会の中の人は共産党員です。
自作自演の多数派工作なんで詐欺行為ですわな。



綺麗事しか言わない脳天気な間抜けはよろしいなぁ
【2019/01/09 02:00】 日本共産党
冷静な協議で解決を レーダー照射問題 小池書記局長が表明

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-08/2019010802_01_1.html

 日本共産党の小池晃書記局長は、7日の国会内での記者会見で、韓国艦による自衛隊機へのレー
ダー照射問題について問われ、「日本と韓国、それぞれが主張している事実関係が異なっている。双
方の担当部門が持っている情報を出し合って、冷静な話し合いで事実関係を確認していく、そのうえ
で問題点を共有して、必要な改善のための協力をしていくことが求められている」と語りました。

 小池氏は、昨年、南北・米朝首脳会談が開かれ、朝鮮半島で平和にむけた激動が進んでいるとし
て、「北東アジア全体にとっても重要な時期を迎えている。日韓両国が平和のために緊密に協力すべ
きときだ。北東アジアの平和のためにも、一刻も早く解決すべきだ」と語りました。


これは信頼の問題なのですよ。

しかし今までの日本共産党と韓国の対応は似てますなぁ。
日共のほうが筋金が入っていますが。






サイドメニュー ×
メニューA  メニューB