ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メモ代わり
【2017/12/28 22:15】 未分類
新木津川南地区委員会
新木津川南地区委員会
近い将来消します

2001東2

2001東


スポンサーサイト
萩原 亮 氏 逝去
【2017/12/28 01:23】 日本共産党
日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中より引用

萩原遼氏死去  北朝鮮に消えた友と私の物語 (文春文庫) [Kindle版]
            萩原 遼
            文藝春秋
            2012-09-20

北朝鮮に消えた友と私の物語

報道はなされていないようだが、萩原遼氏が12月22日に死去したと判明した。

元赤旗平壌特派員で北朝鮮問題に取り組み、この本で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。その後不破哲三の不興を買って除籍されたが、精力的に活動を継続。近年は雑誌「拉致と真実」を出していた。

また大きな存在が鬼籍に入られた。

黙祷


この方で思い出すのは吉永小百合主演の映画、『キューポラのある街』
キューポラのある街

東京川口の鋳物工場で働く貧しい労働者の娘を主人公に、その生き様や在日朝鮮人の北朝鮮への帰還事業を
描いた作品で、子供時代の記憶では感動感動でものすごい良作だったように覚えているのですが、おとなに
なって改めて見ると、左翼臭プンプンで腹が立つて仕方がない内容でした。特に北朝鮮への帰還事業の扱い
方は今となっては涙で直視できない内容で、北朝鮮や国内の左系政党、文化人の発する地上の楽園と言うプ
ロパガンダを信じ、北朝鮮に渡った人々がどんな人生を歩む羽目になったか……。

当時、共産党は北朝鮮への帰還事業を一生懸命推進していたし、
断言はされていませんが、原作者の早船ちよ氏は共産党員だったとか。
この映画は下町で働く労働者の置かれた環境と、在日韓国人が帰る『地上の楽園』と例えられる理想郷を対比し
共産主義の素晴らしさを訴えるのが目的の大衆を特定の思想と体制の優越性へ誘導する意図を持ったプロパガ
ンダだったのでしょう。

あの時代、帰還事業に反対するマスコミなど稀有な存在で、共産党だけを批判はできませんが、
党利党略に嬉々として本当の現実を見ることができなかったというのは酷評されても致し方ないでしょう。

笛吹けど民は踊らず。。。
【2017/12/07 01:18】 日本共産党
悪魔の辞典さんで「くじょうのかい」なるコテがこんなコメントを書いていた。
エントリー 年前の理由不明の多摩市議辞職、何があった? より。


8. くじょうのかい
2017年11月28日 20:49

http://ando-harumi.com/?p=1859
薬局のひともしじ
民医連ではないだろう


残念ながらリンク先の画像の弘前調剤センターは紛うことなき民医連の加盟団体で、
共産党の身内である。

青森民医連のサイト加盟事業所一覧 2ページ目
同一箇所かどうかはgoogleマップで青森民医連のサイトの加盟事業所一覧に記載されている
廣前調剤薬局の住所 「弘前市大字北横町19-1」で場所を特定し、ストリートビューで、建物の
形状を確認すればすぐに分かる。

くじょうのかい氏コメントにあるリンク先の青森県会議員、安藤はるみ氏のこういう自作自演行為は
共産党にとっては一種の伝統芸で、趣味者にとってはまたか……。( ´,_ゝ`)プッ
程度の話である。

痛いのは県民に対して誠意がない、いや、ペテンである事に気がついてないことか。。。
なによりも民衆を煽動するはずが誰も踊っている気配がない。

笛吹けど民は踊らず。。。

ご苦労さんw




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。