ぼやきのおっちゃん。のネタブログ
知に働けば角がたつ。情に竿を指せば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。 夏目漱石著 草枕 より

FC2カウンター ×

プロフィール ×

ぼやきのおっちゃん。

Author:ぼやきのおっちゃん。
お笑いは人生の妙薬といいます。
ネタ好きおっちゃんの阿呆な親父ギャグに笑って頂ければ幸いです。
え!、白くない?。
まあ、そういわんとネタ画像でも見ていってくだはい。w
嫌な事も笑いがあればすっきりします。
このブログで癒される方がおられれば幸いです。
最近はややこしい事ばっかり書いている。。。


中学英語テスト? ×

カレンダー ×
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PR ×
商品無料仕入戦隊『電脳卸』


最近の記事 ×

カテゴリー ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


北海道当別町長選開始
【2013/07/25 22:33】 政治
悪魔の辞典さんからまんまパクリです。

北海道当別町長選開始

海道当別町長選、本日23日公示された、北海道当別町長選、予定通り渋谷俊和氏が立候補。他の立候補者は宮司正毅氏。いずれも元町議である。

前町長が、JA出身のくせに全く6次産業化のノウハウが分かっておらず、選挙のときにアホなこと言うので当blogが指摘してからだんまりしたのと比べて、今回の候補はかなり国際面が強そうだ。しかし、自前のホームページは名前で検索しても出てこないのはなぜ?


スポンサーサイト
2013参院選 共産党は……
【2013/07/22 22:34】 政治
 今回の選挙、共産党はだいぶ浮動票を拾ったみたいですね。いいところ、20007年の440万票が限度と思っていたのですが、都議選結果が追い風になったようです。
 たまにはこういうこともあるでしょうw

共産党の参院選得票数推移 (得票数の小数点以下は四捨五入)

年  度  投票率(比例区)   投票率(選挙区) 比例区得票数    得票率  選挙区得票数 得票率 
1992年     50.7 %        50.7 %    3,532,956     7.86%    4,817,001 10.61%
1995年       44.50 %        44.52 %   3,873,955    9.53%   4,314,830  10.38%
1998年     58.8 %       58.8 %    8,195,078   14.60%   8,758,759  15.66%
2001年     56.4 %       56.4 %    4,329,210     7.91%   5,362,958   9.87%
2004年     56.57 %       56.54%    4,362,574    7.80%    5,520,141   9.84%
2007年     58.64 %       58.63%    4,407,933     7.48%   5,164,572  8.70%
2010年      57.92%        57.92%    3,563,557    6.10%   4,256,400  7.29%
2013年      52.61%         52.61%    5,154,055    9.68%                

2,013年度参議院選挙
【2013/07/15 23:42】 日本共産党
 気になるのは共産党の勢力はどうなるかなのだけど、どれだけ議席を獲得するかはあまり気にしていない。今年の東京都議選では共産党が大幅な議席増を果たしたが、だからといってどれだけ得票数が増えたかというと、全くといって増えてない。民主が後退し、維新が転けて、浮いた票の受け皿にはなってないということ。

ソースは6月24日付の東京新聞より。引用元はYahooニュース
20130624-00025930-roupeiro-000-13-view[1]

 2009年度と比較して、今年度の共産党の得票率は1%以上、上昇しているものの、得票数は13%近く落ち込んでいる。投票率も前回の80%しか無いからだと言われそうだけど、共産党のような組織票の強固な政党は投票率に関係なく、不動の得票数をキープしてしかるべきだし、まして今回は民主と維新から流れた浮動票があってしかるべきが、その気配が全くない。
 共産党はそこそこ力のある候補者乱立のお陰で、棚から牡丹餅、漁夫の利のを得たのが今回の都議選結果と見ている。

 で、今回の参院選挙で興味が有るのは、共産党がは2009年の選挙時と比べてどれだけ盛り返すか、の一点。前回の選挙は民主の躍進の余波を食らって2006年度より比例区、選挙区とも、100万票近い票を落としている。

 民主と維新からの浮動票の受け皿になりえたら、前々回並以上の票を取れて然るべきだし、取れなかっても前々回と同等が当たり前。これが前々回以下の結果に終わったら共産党の衰退傾向は止まらないということ。
 現状で共産党がぶり返すというのは国民にとっても、厚顔破廉恥な共産党にとってもよろしくない。と個人的に思います。

共産党の参院選得票数推移 (得票数の小数点以下は四捨五入)

年  度 投票率(比例区)   投票率(選挙区) 比例区得票数 得票率  選挙区得票数 得票率 
1992年     50.7 %        50.7 %    3,532,956  7.86%    4,817,001 10.61%
1995年       44.50 %        44.52 %   3,873,955  9.53%   4,314,830  10.38%
1998年     58.8 %       58.8 %    8,195,078 14.60%   8,758,759  15.66%
2001年     56.4 %       56.4 %    4,329,210   7.91%   5,362,958   9.87%
2004年     56.57 %       56.54%    4,362,574  7.80%    5,520,141   9.84%
2007年     58.64 %       58.63%    4,407,933   7.48%   5,164,572  8.70%
2010年      57.92%       57.92%    3,563,557  6.10%   4,256,400  7.29%






サイドメニュー ×
メニューA  メニューB